オートキャドの線種・画層の表示法



>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる


オートキャドの線種・画層の表示法

オートキャド(auto cad)のステータスバーに、
現在の線種や画層を表示させる方法です(^^;

この機能を使うと、オートキャドの作業の効率化も図れますよ♪


STEP1.システム変数 MODEMACRO で表示させることができます。

STEP2.コマンド: modemacro[Enter]

STEP3.MODEMACROの新しい値または.=なし<"">: ここで以下のように入力します。
線種 : $(GETVAR,CELTYPE) 画層 : $(GETVAR,CLAYER)


以上でステータスバーに「線種 : **** 画層 : ****」が表示されます。


どうですか?簡単ですね。
ステータスバーに表示させる事で、作業の効率もグンとUPしますよ♪


出典:Autodesk -Technical Q&Aを一部参考にしました。


その他

なお、線種の情報については、下記のページに一覧を示しています。
CONTINUOUS(実線)やDASHED(点線)などの他、
AUTOCADで使える線種の情報を表示しておりますので、参考にして見てください。

線種の一覧表


その他、初心者の方には、いきなり画層と言っても、何の事だ?と思われる方も多いようです。
そこで、画層についての考え方を下記にもまとめていますので、こちらも併せてご参考下さい。

画層についての考え方

線種も画層もCADの使い方を学ぶ上では、必須の知識になります。

見やすくて良い図面を作るには、まずは、ソフトの理解から始めるのが、
一番、近道かと思いますので、これを機会に覚えて見て下さいね。



>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる



AutoCADの解説本やマニュアルの一覧です。初心者さんなら、1冊は手元に置いておくと良いと思います。



初心者さんには「世界一やさしい超入門DVDビデオでマスターするAutoCAD」がオススメです。
(※ただし、ご自身でお使いのCADの対応バージョンにはご注意下さい)

サイトマップ