オートキャドの次元数の違い



>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる


オートキャドの次元数の違い

キャドの種類には色々あります。

前回、色々なCADの一覧を紹介しましたが・・・
オートキャドにも、多くの種類があるんです!


ですが、それを、説明する前に・・・
ここでは、まず大きな枠組みとして、
次元数の違いについて、説明します♪


オートキャドは、大別すると2種類あります。
2種類があるというのは、つまり、キャドの次元数の違いです。

要するに・・・【3次元CAD】【2次元CAD】です♪


3次元CADとは?

3次元つまり、立体です(^^

3次元CADは、物体の形状を3次元・・・
つまり(X、Y、Z)に描画することによって、
複雑な形状や曲線などを、描く事が可能です。


3次元CADの特徴として、立体を扱っているため、
土木設計等では、数量計算時の、
体積の算出(土工・型枠工、足場工など)には、便利です。

また、機械製造、実際の組み立て行程や、
完成品の動作検証などができるため、
工業製品の試作やプレゼンテーションの分野で、
幅広い利用ができます。


◇3次元オートキャドのソフトは・・・?

  • AutoCAD 2007(二次元併用)
  • Autodesk Inventor Professional 11
  • Autodesk Inventor Series 11 など。

2次元CADとは?

2次元は、もうお分かりですね。平面を示します(^^
現在までのオートキャドで、主に使用されているのが、このタイプでしょう。

つまり(X、Y)に描画することによって、
線・円・多角形などのラインを作図します。

ちなみに、私が使用しているのも2次元CADです(^^;


◇2次元オートキャドのソフトは・・・?

  • AutoCAD 2007(三次元併用)
  • AutoCAD LT 2007など。

基本的に、オートキャドLTは、二次元キャドです(^^
次回は、オートキャドの種類の一覧を紹介します(^^;

キャドソフト説明の出典元、参考元:CAD百貨(CAD専門店)



>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる



AutoCADの解説本やマニュアルの一覧です。初心者さんなら、1冊は手元に置いておくと良いと思います。



初心者さんには「世界一やさしい超入門DVDビデオでマスターするAutoCAD」がオススメです。
(※ただし、ご自身でお使いのCADの対応バージョンにはご注意下さい)

サイトマップ