AutoCAD LT の使い方マニュアル

サイトマップ

AutoCAD講座で学んでみませんか?

AutoCADの講座なら、BrushUP学びのCAD講座がオススメです。

CADの基本操作から、作図・編集の基本と応用が学べるだけでなく、
実際の仕事の現場でも使える機械製図・建築製図の専門知識が身に付く講座など、
日本全国のCAD講座が閲覧可能です^^

本気でAutoCADを学びたい方は、まずは資料請求(無料)されてはいかがですか?

>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる



AutoCAD LTの使い方解説サイトにようこそ!

当サイトでは、AutoCAD LT 2009を用いてその使い方を解説をしております。
バージョンによっては、若干使用方法が異なる場合もありますので、ご了承ください。

AutoCADの解説本一覧

AutoCADの解説本やマニュアルの一覧です。初心者さんなら、1冊は手元に置いておくと良いと思います。



初心者さんには「世界一やさしい超入門DVDビデオでマスターするAutoCAD」がオススメです。


AutoCADのソフトの種類について

AutoCADはAutodesk社が開発・販売している汎用CADです。

機械や建築など、特定の設計分野に特化した専用CADではありませんが、幅広い設計の分野で大きなシェアを持っています。
また、AutoCADの関連CADとして、機能を制限した廉価版として位置づけられる、AutoCAD LTというCADがあります。

機能の制限のないAutoCADについてはLTとの区別で「R(レギュラー)版」などと呼ばれることが多いようです。

ここでは、AutoCAD LTの最新バージョンであるAutoCAD LT 2009の使用方法についての解説をします。

したがって、解説の中での細かい操作方法や操作画面の画像については、AutoCADとは若干異なる場合があることを理解しておいてください。


特殊なバージョンのAutoCADについて

なお、AutoCAD自体は汎用CADですが、AutoCADに各設計分野での特定の機能を付加したCADとして、各設計分野ごとにAutoCAD ArchitectureAutoCAD Mechanicalなどの各種専用CAD商品もあります。

それぞれ商品としては異なりますが、ベースはAutoCADなので、ファイル形式や基本的な操作方法には互換性があります。


また、特殊なバージョンとして「学生版」、「Education Version」などと呼ばれる、教育機関および学生用のAutoCADがあります。
※このバージョンは商用業務での利用が禁止されています。

このバージョンを使用して編集されたファイルは印刷の際、用紙の四周に「PRODUCED BY AN AUTODESK EDUCATIONAL PRODUCT」という文字列が印刷されます。
この文字列は図面ファイルを他のAutoCADで編集しても消えませんので注意が必要です。




>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる



初心者さんにオススメ

現在の最新バージョンはAutoCAD LT 2011です。(当サイトの説明は2009バージョンです) 製品の体験版ダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ