画面構成



>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる


画面構成

下図がAutoCAD LT 2009を立ち上げた時の初期画面です。


【AutoCAD LT 2009の初期画面】


ウィンドウ左上隅の赤い「A」マークのボタンがメニューボタンです。
このボタンをクリックするとメニューがドロップダウンで表示されます。


このメニューからだけでもすべてのコマンドを選択することも可能です。

ただし、実際の作業上は後述するクイックアクセスツールバーやリボン、
ショートカットキー入力などを適宜使用することで、より効率的な作業を行うことができます。


【メニューボタンをクリックしてドロップダウンメニューを表示】


AutoCAD LT 2009の画面構成について

では、下記画面のAutoCAD LT 2009の各部を説明していきます。


【AutoCAD LT 2009の初期画面】


最上段がタイトルバーです。
アプリケーションの名称と、図面を開いている際は図面名が表示されています。


メニューバーの左端にアイコンが並んでいる部分はクイックアクセスツールバーです。
頻繁に使うコマンドのアイコンが配置されています。


メニューバーの下の段、「ホーム」から「出力」まで並んだ文字列と、
その下のアイコンの配置された領域がリボンです。
※こちらについては別記事でさらに解説します


リボンの下、ウィンドウ上で一番広い部分が作図領域です。
左下の矢印のマークはUCSアイコンです。図面上のX軸方向、Y軸方向を示しています。


作図領域の下のテキストが表示された部分はコマンドウィンドウです。
コマンド ウィンドウの最下行の入力部分はコマンドラインと呼ばれます。

コマンド ウインドウの表示部分はコマンドラインを除き3行だけですが、
AutoCAD起動後の全てのコマンドや表示されたテキストがヒストリ(履歴)として保存されており、コマンド ウィンドウ右端のスクロールバーでスクロールして確認することができます。


コマンドラインの下段がステータスバーです。
作業をする際のさまざまな設定の状況がアイコンで表示されていると同時に、
これらアイコンのクリックにより設定の変更をすることもできます。

ステータスバーのアイコン表示は、文字による表示に切り替えることができます。
マウスでアイコンを右クリックするとメニューが表示されるので、
その中の「アイコンを使用」のチェックを外すと、アイコンの表示が文字に切り替わります。


【ステータスバーのアイコン表示切替】






>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる



AutoCADの解説本やマニュアルの一覧です。初心者さんなら、1冊は手元に置いておくと良いと思います。



初心者さんには「世界一やさしい超入門DVDビデオでマスターするAutoCAD」がオススメです。
(※ただし、ご自身でお使いのCADの対応バージョンにはご注意下さい)

初心者さんにオススメ

現在の最新バージョンはAutoCAD LT 2011です。(当サイトの説明は2009バージョンです) 製品の体験版ダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ