線分(line)



>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる


線分(line)

直線(線分)はすべての作図の基本ですが、「線分(lineまたはl)」コマンドで実行します。

「ホーム」タブ→「作成」→「線分」
または、メニュー→「作成」→「線分」

線分コマンドの基本操作

まずは適当な線分を一本作成してみます。
線分」コマンドを実行すると、コマンドラインに「_line 1 点目を指定:」と表示されます。

また、初期設定では「ダイナミック入力」がオンになっていますので、
マウスポインタのそばにも「1点目を指定:」と、
マウスポインタの位置に合わせて変動する座標値がツールチップで表示されます。


ここでは、それらのツールチップは無視して、
作図領域上の適当な任意の点でマウスを左クリックして線分の始点を決定します。


次に、終点にマウスポインタを移動させますが、
その時点で既に始点からの線分がマウスポインタに追随して表示されます。

この線分をラバーバンドといいます。
ラバーバンドの周辺には、長さと角度の数値がツールチップで表示されています。

これもここでは無視して、適当な終点でまた左クリックをすると線分が決定されます。


この状態ではまだ「線分」コマンドは終了していません。

いま作成した線分の終点から、
連続した次の線分を作成するためのラバーバンドが表示されています。

ここで終点を左クリックする操作を続けることで、
折れ線グラフのような連続する線分を作成することができます。

これが線分コマンドの基本操作です。


【線分コマンドによって作成された折れ線とラバーバンド】


なお、折れ線上の線分を作成中に、すでに作成した線分を作成しなおしたい場合は、
コマンド実行中に「元に戻す(undoまたはuまたはCtrl+Z))」コマンドを実行すると、
線分コマンドは実行したまま、最後に作成した線分を取り消すことができます。

クイックアクセスツールバー
またはメニュー→「編集」→「元に戻す」

線分」コマンドを終了するには、キーボードのEscキーを押します。
すると実行中のコマンドがキャンセルされて、オブジェクト選択モードに戻ります。


また、次に実行したい別のコマンドがある場合は、
次のコマンドアイコンをクリックすることでも、
コマンドがキャンセルされて新しいコマンドが実行されます。





>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる



AutoCADの解説本やマニュアルの一覧です。初心者さんなら、1冊は手元に置いておくと良いと思います。



初心者さんには「世界一やさしい超入門DVDビデオでマスターするAutoCAD」がオススメです。
(※ただし、ご自身でお使いのCADの対応バージョンにはご注意下さい)

初心者さんにオススメ

現在の最新バージョンはAutoCAD LT 2011です。(当サイトの説明は2009バージョンです) 製品の体験版ダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ