ポリライン



>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる


ポリライン

ポリライン(plineまたはpl)」コマンドも「線分」コマンドと同じく、
連続した折れ線グラフ状の線分を作成することができます。

「ホーム」タブ→「作成」→「ポリライン」
または、メニュー→「作成」→「ポリライン」

ただし、同じ折れ線状のオブジェクトであっても、ポリラインと線分とは大きく異なります。

線分の場合は、複数の線分オブジェクトでその折れ線が形成されているのに対し、
ポリラインの場合は、折れ線全体で一つのオブジェクトであるという点です。


これは、その後の移動や複写、画層などの設定変更の際の選択が
一回のマウスクリックでできるため、適切に使用すると、作業の効率が格段に向上します。


【線分オブジェクトによる折れ線をオフセットした場合】



【ポリラインによる折れ線をオフセットした場合】


ポリラインコマンド実行後の操作

ポリラインコマンド実行後の操作は、基本的に線分コマンドと同様です。
マウスクリックでポリラインの始点を指示した後、各辺の頂点となる点を連続して指示してゆきます。


元に戻す(undoまたはuまたはCtrl+Z)」コマンドが使用できる点も同じですが、
ポリラインの場合、線分コマンドにはないコマンドオプション「閉じる(C)」があります。

ダイナミック入力、またはキー入力によってこのコマンドオプションを選択すると、
自動的に最後に選択した点と開始点を結ぶ線が作成され、
閉じたポリラインが作成されてコマンドが終了します。


【ポリラインのコマンドオプション】


円弧の作成と分解、結合

ポリラインには線分だけでなく、円弧も含めることができます。
コマンド実行後、コマンドオプション「円弧(A)」を選択することで円弧の作成ができます。

また、ポリラインは「分解(explodeまたはx)」コマンドで
ポリラインから複数の線分・円弧オブジェクトに分解されます。

「ホーム」タブ→「修正」→「分解」または、メニュー→「修正」→「分解」

逆に、線分や円弧からポリラインへの変換と結合は、
「ポリライン編集(peditまたはpe)」コマンドと、コマンドオプションの「結合(J)」で行ないます。

ポリライン編集コマンド
「ホーム」タブ→「修正」→「ポリライン編集」
または、メニュー→「修正」→「オブジェクト」→「ポリライン」

なお、結合の際、オブジェクトどうしの端点が接していないと結合することができません。


また、すでにあるポリラインに線分を結合する場合には、ポリライン編集を使用するよりも
フィレット(filletまたはf)」コマンドを使用するとよいでしょう。

コマンドオプションが不要なだけでなく、
端点が離れているオブジェクトもポリラインとして結合することができます。


【ポリラインと線分(赤色)をフィレットコマンドで結合】






>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる



AutoCADの解説本やマニュアルの一覧です。初心者さんなら、1冊は手元に置いておくと良いと思います。



初心者さんには「世界一やさしい超入門DVDビデオでマスターするAutoCAD」がオススメです。
(※ただし、ご自身でお使いのCADの対応バージョンにはご注意下さい)

初心者さんにオススメ

現在の最新バージョンはAutoCAD LT 2011です。(当サイトの説明は2009バージョンです) 製品の体験版ダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ