長方形



>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる


長方形

長方形」コマンドは文字通り長方形を作成するコマンドです。
このコマンドで作成される長方形は閉じたポリラインとして作成されます。

「長方形(rectangまたはrec)」コマンド
「ホーム」タブ→「作成」→「長方形」 または、メニュー→「作成」→「長方形」

このコマンドを実行し、作成する長方形の対角となる二点を
マウスクリックすることによって任意の長方形を作成することができます。


【長方形コマンドアイコン】


最初の一点目を指定したあと、二点目の指定の際に、
ダイナミック入力の数値フィールドに数値をキー入力することによって、
指定の高さ・幅の長方形を作成することもできます。


面取り、フィレットのやり方

コマンドを実行したあと、一点目を指示するときと、二点目を指示するとき、
それぞれコマンドラインにコマンドオプションが表示されます。


長方形の各頂点で面取りや、角を丸くした長方形を作成したい時には、
一点目を指示する前にコマンドオプション「面取り(C)」または「フィレット(F)」を選択します。

そして、表示される数値フィールドにそれぞれの数値を入力することで、
任意の面取りや角を丸めた長方形を作成できます。


【一点目のコマンドオプション】


長方形のサイズの指定と回転角度について

また、任意の大きさの長方形や回転された長方形を作成する場合、
まず一点目を指示した後、二点目を指示する前にコマンドラインに表示される
コマンドオプション「サイズ(D)」および「回転角度(R)」を使用します。


「サイズ(D)」を使用する際は長方形の幅・高さを数値入力します。

一点目はすでに指示してありますので、二点目のマウスクリックの位置によって、
一点目を基準とした長方形の向きが決定されます。


「回転角度(R)」を使用する場合の角度は、
数値入力とマウスクリックのどちらでも角度指定ができます。

角度を持った線分等のオブジェクトに、平行な長方形を作成するときなどに有効な方法です。


【二点目のコマンドオプション】



【コマンドオプションを使用して作成した赤い線分に平行な長方形】


なお、注意しなければならない点としては、
これらのオプションは、その図面ファイル内で保存されているという点です。


つまり、一度コマンドオプションを設定すると、次回長方形コマンドを実行した時も
前回設定した面取りや角度の設定のままで長方形を作成します。

したがって、オプションを使用しない場合、
それぞれの設定値に「0」を入力して設定の解除を行なう必要があります。


【オプションの保存-フィレットと角度の数値が保存されている】






>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる



AutoCADの解説本やマニュアルの一覧です。初心者さんなら、1冊は手元に置いておくと良いと思います。



初心者さんには「世界一やさしい超入門DVDビデオでマスターするAutoCAD」がオススメです。
(※ただし、ご自身でお使いのCADの対応バージョンにはご注意下さい)

初心者さんにオススメ

現在の最新バージョンはAutoCAD LT 2011です。(当サイトの説明は2009バージョンです) 製品の体験版ダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ