ハッチング



>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる


ハッチング

図面に網掛けなどの模様(ハッチング)を記入するには「ハッチング」コマンドを使用します。

「ハッチング(hatchまたはh)」コマンド
「ホーム」タブ→「作成」→「ハッチング」またはメニュー→「作成」→「ハッチング」

コマンドを実行すると「ハッチング」ダイアログボックスが表示されます。


【ハッチングコマンドアイコン】



【「ハッチング」ダイアログボックス】


ハッチングパターンについて

ハッチングにはさまざまな種類が既定で登録されています。

それらの選択はダイアログの「パターン」ドロップダウンメニューより選択しますが、
これらはパターン名称からの選択になります。


パターン名称だけでは分かり辛い場合、どんなハッチングパターンか確認するには
ドロップダウンメニュー右側の「...」ボタンか、
下の「見本」欄のプレビューウィンドウをクリックします。

すると「ハッチング パターン パレット」ダイアログが表示されるので、
そこで実際のハッチングパターンを確認・選択することができます。


【「ハッチング パターン パレット」ダイアログボックス】


ハッチングの角度と尺度

ダイアログの「角度と尺度」ではハッチングの傾きと細かさ(ピッチ)を設定します。

作成する図面の縮尺に対してハッチングの尺度が小さいと、
ハッチングのピッチが細かすぎて黒く塗り潰したようにしか見えないことがあります。

このような場合には「尺度」の数値を図面縮尺に比例した大きな数値にすることで、
見やすいハッチングを作成することができます。


原点について

ハッチングの原点」は規定では「現在の原点を使用」になっており、
通常このままで問題はありません。

しかし、たとえば建築図面でのタイルやレンガの目地をハッチングで表現する場合、
ハッチングの始まる原点をコントロールする必要があります。


その場合は「新しい原点を設定」にチェックを入れなおして、
原点をマウスクリックで指定するか、ハッチング範囲のいずれかの端点、
もしくは中心を原点とするよう設定することができます。


境界について

上記によって設定をしたハッチングパターンを
実際の図面上に記入するには二種類の方法があります。

ダイアログの「境界」欄にある「点をクリック」と「オブジェクトを選択」の二種類です。


どちらをクリックしてもダイアログはいったん非表示となり、
作図領域での選択画面になります。

点をクリック」の場合は、その後、図面中のハッチングをかけようとしている
閉じた領域の内側にある任意の一点をクリックします。

一方、「オブジェクトの選択」の場合は、
その内側にハッチングをかけるオブジェクト自体を選択します。


このようにしてパターンとその適用範囲を設定しますが、実際のイメージは
ダイアログボックスの「プレビュー」ボタンをクリックすると確認することができます。


また、すでに図面に記入されているハッチングと同じものを別の個所にも記入する場合には、
ダイアログの「プロパティを継承」ボタンをクリックして既存のハッチングを選択します。

すると、同じ設定のハッチングを別の個所にも記入することができますので、
ひとつの図面中に同じハッチングパターンを複数個所に記入する場合に有効です。


また、ハッチングを作成した後でも・・・

「プロパティ コピー(matchpropまたはma)」コマンド
「ホーム」タブ→「プロパティ」→「プロパティ コピー」
またはメニュー→「修正」→「プロパティ コピー」

この上記のコマンドで、他のハッチングとの設定をそろえることも可能です。


【プロパティ コピー コマンドアイコン】






>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる



AutoCADの解説本やマニュアルの一覧です。初心者さんなら、1冊は手元に置いておくと良いと思います。



初心者さんには「世界一やさしい超入門DVDビデオでマスターするAutoCAD」がオススメです。
(※ただし、ご自身でお使いのCADの対応バージョンにはご注意下さい)

初心者さんにオススメ

現在の最新バージョンはAutoCAD LT 2011です。(当サイトの説明は2009バージョンです) 製品の体験版ダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ