文字スタイルの設定



>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる


文字スタイルの設定

図面で使用する文字や寸法についても様々な設定をすることができます。

文字の字体(フォント)などの設定のことを「文字スタイル」と呼びます。

既定の文字スタイルを変更したり、新規に作成したりするには
文字スタイル管理(styleまたはst)」コマンドを使用します。

「注釈」タブ→「文字」
または「ホーム」タブ→「注釈」ドロップダウンパレット→「文字スタイル管理」
またはメニュー→「形式」→「文字スタイル管理」


【文字スタイル管理コマンドアイコン】


コマンドを実行すると「文字スタイル管理」ダイアログボックスが表示されます。
左側の「スタイル」ウィンドウに表示されているのが、既に登録されている文字スタイルです。


既定では異尺度対応オブジェクトである「Annotative」と「Standard」の二つが登録されており、 「Standard」が選択されており、現在の文字スタイルに設定されています。

文字スタイルは既定のスタイルを修正することも、新たな文字スタイルを作成することもできます。


【「文字スタイル管理」ダイアログボックス】


字体の設定について

字体の設定は中央の「フォント」欄で行ないます。
AutoCADで使用できるフォントには大別してTrueTypeフォントSHXフォントの二種類があります。


TrueTypeフォントはワープロなどで通常使用するゴシック体や明朝体など
活字体のフォントのことで、その種類はWindowsの環境に依存します。

一方、SHXフォントはAutoCAD専用のフォントで、
TrueTypeのような活字体ではなく、線文字のフォントです。

それぞれのフォントは「フォント名」ドロップダウンメニューの
フォント名の先頭に表示されるアイコンで区別できます。


【フォントのアイコン-「マルチテキスト」タブのフォントドロップダウンリスト】


SHXフォントは線文字であるため、プレゼンテーション図面などの見た目を重視する図面表現には向きません。

しかし、画面上の表示や出力速度が速い、TrueTypeフォントのように
Windowsの環境に依存しない、ファイルの容量を小さく抑えられる等のメリットがあります。


【TrueTypeフォントとSHXフォント】


SHXフォントには漢字やかな等のいわゆる全角(2バイト)文字に対応していないものがあります。

寸法や記号のように半角英数文字だけでなく、漢字などの全角文字を使用する場合は
「ビッグフォント」と呼ばれる全角文字に対応したSHXフォントを併用します。


「フォント名」ドロップダウンメニューでSHXフォントを指定すると、
その下の「ビッグフォントを使用」欄にチェックを入れることができるようになります。

チェックを入れると右側に「ビッグフォント」ドロップダウンメニューが
あらたに表示されますので、ここからビッグフォントを選択します。


【ビッグフォントの設定】


このようにして作成された文字スタイルは、
ダイアログの「スタイル」ウィンドウに表示されるとともに、
リボンの「文字スタイル」ドロップダウンメニューに反映されます。


【「文字スタイル」ドロップダウンメニュー】






>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる



AutoCADの解説本やマニュアルの一覧です。初心者さんなら、1冊は手元に置いておくと良いと思います。



初心者さんには「世界一やさしい超入門DVDビデオでマスターするAutoCAD」がオススメです。
(※ただし、ご自身でお使いのCADの対応バージョンにはご注意下さい)

初心者さんにオススメ

現在の最新バージョンはAutoCAD LT 2011です。(当サイトの説明は2009バージョンです) 製品の体験版ダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ