座標入力とダイナミック入力



>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる


座標入力とダイナミック入力

作図作業においては、正確な長さや間隔、角度によって
様々な図形オブジェクトを作成・配置する必要があります。

それらの作業の手掛かりとなるのが座標の概念です。


ステータスバーの左端に二つの数値がコンマで区切られて表示されています。
これがマウスカーソル位置のX,Y座標です。

このように、図面上のすべてのオブジェクトは
それらがもつ座標データによって管理されています。

そして、オブジェクトの作成や編集の際、マウス操作ではなく
キーボードによる数値入力によって、より確実な操作を簡単に行なうことができます。


ダイナミック入力について

キーボードでの数値入力をサポートする機能がダイナミック入力です。

初期設定では「ダイナミック入力」はオンになっており、
その状態はステータスバーのアイコンで確認することができます。

またアイコンのマウスクリックでオン/オフを切り替えることも可能です。


【線分コマンド実行時-ツールチップの座標はステータスバー左端の座標値と同じ】


ダイナミック入力がオンになっているとき、例えば「線分」コマンドを実行すると、
一点目の指示の際、マウスポインタのそばにポインタの位置に合わせて
変動する座標値がツールチップで表示されるはずです。

このとき、ツールチップに直接数値をキー入力することができます。


たとえば「500」と入力して「,(コンマ)」キーまたはTabキーを押すと、
X座標を示すツールチップの数値が500で固定され、隣のY座標のツールチップの入力ができます。

ここでも「500」と入力してEnterキーを押すと、
マウスクリックなしで一点目が座標「500,500」で決定されます。


この時の座標は作図原点「0,0」に対する座標で「絶対座標」と呼ばれます。

「線分」コマンドはラバーバンドが表示され、二点目の入力待ちの状態となっています。

この時コマンドウィンドウに「LINE 1 点目を指定: 500,500」と
表示されているのが確認できるはずですが、これが絶対座標です。


【一点目の指定後-コマンドウィンドウに座標値が表示されている】


ラバーバンドの周辺には、長さと角度の数値がツールチップで表示されています。
ここでも長さフィールド、角度フィールドそれぞれに数値入力が可能です。

ただし、長さフィールドの数値を入力したあとは「,(コンマ)」キーではなく、
Tabキーを押さないと角度フィールドの数値入力はできませんので注意が必要です。

これで任意の座標点から、任意の長さを持った線分を
任意の角度で作成することがマウス操作なしに行えます。


二点目を座標で位置指定する方法

また、二点目について、座標での位置指定もできます。

線分の一点目を座標「500,500」に指定し、二点目を指定するラバーバンドの時点で、
ツールチップの種類を無視して、たとえば「1000」「,」「1000」とキー入力します。

すると「,(コンマ)」キーを入力した時点で、ツールチップが長さと角度から座標表示にかわります。


この時の座標「1000,1000」は絶対座標ではなく、一点目を原点とした座標です。
これは絶対座標と区別して「相対座標」とよばれます。


【「,(コンマ)」キーを入力した直後-ツールチップが座標表示に変更される】


Enterキーを押して線分を作成した後のコマンドウィンドウに
次の点を指定 または [元に戻す(U)]: @1000,1000」とあるのに注意してください。

このときの座標の前にある「@」が相対座標であることを示す記号です。


ダイナミック入力がオフの場合、座標の先頭にこの記号をつけると相対座標となります。
※ダイナミック入力を使用する場合この記号は不要です

このようにしてキーボード操作によって任意の座標点を両端とする線分を作成することができます。


【作成した線分とコマンドウィンドウの表示】



【作成した線分を「距離計算」コマンドで計測した結果】


以上が座標入力の概要です。


上記の説明では線分コマンドでの座標入力の方法について説明しましたが、
これはラバーバンドが表示される場合、たとえばオブジェクトの移動や複写などの
コマンド実行中でも同様の操作が可能です。

マウス操作だけでなく、場合に応じて
このようなキー入力による操作を行なうことで作図作業がより効率的になります。





>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる



AutoCADの解説本やマニュアルの一覧です。初心者さんなら、1冊は手元に置いておくと良いと思います。



初心者さんには「世界一やさしい超入門DVDビデオでマスターするAutoCAD」がオススメです。
(※ただし、ご自身でお使いのCADの対応バージョンにはご注意下さい)

初心者さんにオススメ

現在の最新バージョンはAutoCAD LT 2011です。(当サイトの説明は2009バージョンです) 製品の体験版ダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ