オブジェクトスナップ



>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる


オブジェクトスナップ

作図する上で、たとえば円オブジェクトの中心点や
線分オブジェクトの端点を指定する必要があることはよくあります。

そのような操作をサポートするのが「オブジェクトスナップ」と呼ばれる機能です。


オブジェクトスナップ機能をオンにすると、マウスカーソルを上記のような中心点や
端点に近づけると自動的にAutoSnapマーカーと呼ばれるマークが表示されます。

その状態でマウスクリックすることでAutoSnapマーカーの点を指定することができます。
この操作を「スナップ」と呼びます。作図の上での基本機能です。


定常オブジェクトスナップと一時オブジェクトスナップ

オブジェクトスナップには下記の二種類があります。

  • 定常オブジェクトスナップ
  • 一時オブジェクトスナップ

定常オブジェクトスナップは、オンに設定している間は常に使用できるスナップ機能で、
よく使うオブジェクトスナップを設定しておくことができます。

一方の一時オブジェクトスナップとは、
文字通りスナップするその時だけ一時的に機能させるスナップ機能です。


定常オブジェクトスナップもオン/オフの切り替えができますので、
普段もっとも頻繁に使うスナップを定常オブジェクトスナップに登録し、
一時オブジェクトスナップを補助的に使用します。

また全くスナップさせない場合は、
定常オブジェクトスナップをオフにするといった使用方法があります。


定常オブジェクトスナップのオン/オフはキーボードのファンクションキーF3キー、
またはステータスバーの「オブジェクトスナップ」ボタンで行ないます。


【ステータスバーの「オブジェクトスナップ」ボタン】


スナップポイントの設定について

定常オブジェクトスナップに登録するスナップポイントを設定するには、
ステータスバーの「オブジェクトスナップ」ボタンをマウスで右クリックします。

その時表示されるメニューでスナップポイントの設定が行なえます。

スナップポイントのアイコンが四角で囲まれている場合、
そのスナップポイントが設定されています。


【「オブジェクトスナップ」ボタンのメニュー】


ダイアログボックスを表示してスナップポイントの設定を行なう場合、
メニューの「設定」をクリックすると、「作図補助設定」ダイアログボックスの
「オブジェクトスナップ」タブが表示されます。

ここでは各スナップポイントの名称にマウスポインタを重ねると、
スナップポイントの簡単な説明が表示されます。

ダイアログボックスは「オブジェクト スナップ設定(osnapまたはos)」コマンドでも表示させることができます。

メニュー→「ツール」→「作図補助設定」→「オブジェクトスナップ」タブ


【「作図補助設定」ダイアログボックスの「オブジェクトスナップ」タブ】


一時オブジェクトスナップの設定

一時オブジェクトスナップの設定は、作図領域上でキーボードの
Shiftキーを押しながらマウスを右クリックすると、
マウスポインタの位置にオブジェクトスナップメニューが表示されます。

ここでオブジェクトスナップの設定を行ないます。


【「円」コマンド実行中に表示させたオブジェクトスナップメニュー】


また、キーボードによる入力でも一時オブジェクトスナップを設定することができます。
各スナップポイントのキー入力文字列は以下の通りです。

  • 基点設定:FROM
  • 2点間中点:M2P
  • 端点:END
  • 中点:MID
  • 交点:INT
  • 仮想交点:APP
  • 延長:EXT
  • 中心:CEN
  • 四半円点:QUA
  • 接線:TAN
  • 垂線:PER
  • 平行:PAR
  • 点:NOD
  • 挿入基点:INS
  • 近接点:NEA

一時オブジェクトスナップの設定はコマンドの実行中でも、
また何回でもできますが、その後どこかにスナップした後はリセットされます。


基点設定について

一時オブジェクトの右クリックメニューにある
有効なスナップ方法のひとつとして、「基点設定」があります。

これは「ある任意の点からX方向、Y方向に指定の距離だけずれた点」を指定するものです。


例えば、ある線分の端点からX方向、Y方向にそれぞれ100ずつ移動した点を
中心とした円を作成するとします。

この場合、通常線分の端点を中心とした円を作成して移動させるか、
線分の端点からX方向、Y方向にそれぞれ100ずつ移動した点まで仮に線分を作成し、
その端点を中心とする円を作成した後に仮の線分を削除するといった方法があります。

しかし、基点設定を使うと、いきなり円を目的の場所に作成することができます。


基点設定の実例

円コマンドを実行し、中心点を指定する際に
一時オブジェクトスナップの「基点設定」を選択します。

するとコマンドラインに「_from 基点:」と表示されるので、
そこでオブジェクトスナップを使用して線分の端点を選択します。


この時点ではまだ中心点は指定されず、
コマンドラインに「<オフセット>:」と表示されます。

ここでダイナミック入力等を使用し、キーボードから「@100,100」と入力し、
スペース(またはEnter)キーを押すと、X方向、Y方向にそれぞれ100ずつ移動した点を
中心に指定した状態で円コマンドにもどり、半径入力の状態になります。


このように基点設定を使うとオブジェクトを移動したり、補助線的なオブジェクトを
作成する手間が省略できるので、作業効率が大きく向上します。

また基点設定によく似た、右クリックメニューにない一時オブジェクトスナップとして
トラッキング(trackingまたはtk)」もあります。





>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる



AutoCADの解説本やマニュアルの一覧です。初心者さんなら、1冊は手元に置いておくと良いと思います。



初心者さんには「世界一やさしい超入門DVDビデオでマスターするAutoCAD」がオススメです。
(※ただし、ご自身でお使いのCADの対応バージョンにはご注意下さい)

初心者さんにオススメ

現在の最新バージョンはAutoCAD LT 2011です。(当サイトの説明は2009バージョンです) 製品の体験版ダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ