オブジェクトの選択



>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる


オブジェクトの選択

削除・移動・複写など、オブジェクトに対して操作を加える際には、
そのオブジェクトを選択することが必要です。

その選択の仕方にもいくつかの方法があります。
最も基本的なオブジェクト選択方法はマウスクリックによる選択です。

マウスポインタが選択するオブジェクト上に移動させると、
そのオブジェクトが強調表示され、既定の設定では
ロールオーバー ツールチップ」と呼ばれる窓にオブジェクトの情報が表示されます。


【オブジェクトの強調表示とロールオーバー ツールチップ】


そこでマウスクリックすると、オブジェクトが破線表示となり、
グリップチップと呼ばれるマークが表示されます。
これがオブジェクトの選択された状態です。

このとき、「クイック プロパティ」機能をオンにしている場合には、
クイック プロパティ パネル」と呼ばれるパネルも表示されます。


【選択されたオブジェクトとクイック プロパティ パネル】


なお、ロールオーバーツールチップを非表示にするには
「オプション(optionまたはop)」コマンドの「表示」タブで設定の変更が可能です。

メニュー→「ツール」→「オプション」


【「オプション」ダイアログボックスの「表示」タブ】


選択したオブジェクトに対して、選択をキャンセルしたい場合はEscキーを押すか、
Shiftキーを押しながら選択したオブジェクトを再度クリックします。
するとオブジェクトの選択が解除されます。

あるオブジェクトを選択した状態で、さらに他のオブジェクトを同様にマウスクリックすると、
先に選択していたオブジェクトを選択したまま、
新たにクリックしたオブジェクトも追加して選択されます。

このようにして複数のオブジェクトを選択することができます。


選択領域による方法

また、複数のオブジェクトを選択する方法としては、
マウスクリックを繰り返す他に、選択領域による方法があります。

オブジェクト選択モードで作図領域上の何もオブジェクトが存在しない点で
一度マウスクリックし、マウスを移動させると、
最初にマウスクリックした点を頂点とした矩形の領域が表示されます。

これが選択領域です。


つまり選択領域は、マウスクリックで指定する二点を対角点とした矩形領域のことで、
窓選択交差選択の二種類があります。

窓選択は、対角となる二点を左から右の方向で指定する方法で、
選択領域の内部に含まれるオブジェクトを選択します。


【窓選択(左上→右下と選択領域を指定・ダイナミック入力のツールチップの位置に注意)】



【窓選択の結果:領域内に完全には含まれない紫色の線分は選択されていない】


交差選択は逆に右から左の方向で指定する方法で、
選択領域にその一部が含まれる(言いかえると交差する)オブジェクトが選択されます。


【交差選択(右下→左上と選択領域を指定・ダイナミック入力のツールチップの位置に注意)】



【交差選択の結果:紫色の線分も交差するため選択された)】


なお、選択領域による方法もクリックによる場合と同様、追加選択が可能です。
Shiftキーによる選択のキャンセルも同様です。

なおEscキーをおすと、複数選択されたすべてのオブジェクトの選択がキャンセルされます。

このようにして選択し、コマンド実行の対象となる一つ、
もしくは複数のオブジェクトのことを「選択セット」と呼びます。


選択オプションによる方法

さらに、主としてコマンド実行中に使用する特殊なオブジェクトの選択方法として、
選択オプションと呼ばれるものがあります。

とくに頻繁に使うものに「最後(L)」と「直前(P)」があり、
どちらもオプションをキーボードから入力することでオブジェクトを選択します。


「最後(L)」とは、「最後に作成したオブジェクト」を示す選択オプションです。

たとえば何かオブジェクトを作成し、のちにそのオブジェクトを移動したり
複写したりする場合に、移動なり複写なりのコマンド実行後のオブジェクト選択の際に、
キーボードから「l(エル)」を入力してスペース(またはEnter)キーを押すような使い方をします。

「直前(P)」は、最後に選択した選択セットを再度選択しなおします。
「直前(P)」は単一のオブジェクトしか選択できない場面では使用できません。


また、どちらの選択オプションも、選択するだけではオブジェクトの選択は完了しませんので、
それに加える形で新たにオブジェクトの選択を続けることが可能です。





>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる



AutoCADの解説本やマニュアルの一覧です。初心者さんなら、1冊は手元に置いておくと良いと思います。



初心者さんには「世界一やさしい超入門DVDビデオでマスターするAutoCAD」がオススメです。
(※ただし、ご自身でお使いのCADの対応バージョンにはご注意下さい)

初心者さんにオススメ

現在の最新バージョンはAutoCAD LT 2011です。(当サイトの説明は2009バージョンです) 製品の体験版ダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ