複写



>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる


複写

オブジェクトをコピーするには「複写」コマンドを使用します。
操作方法は「移動」コマンドとほとんど同様です。

「複写(copyまたはco)」コマンド
「ホーム」タブ→「修正」→「複写」またはメニュー→「修正」→「複写」


【複写コマンドアイコン】


コピーするオブジェクトを指定して、
コピーの位置移動の基準となる二点をマウスポインタで指示するか、
基準点とコピー距離を相対座標で入力します。

移動コマンドとの違いは、コピー元のオブジェクトが選択した位置にそのまま残され、
移動先に新たなオブジェクトがコピーされる点です。

なお、回転複写は「回転」コマンドのコマンドオプション「コピー(C)」、
反転複写は「鏡像」コマンドをそれぞれ使用します。


単一と複数のコマンドオプション

複写コマンドには「単一(S)」と「複数(M)」のコマンドオプションがあり、
既定の設定は「複数(M)」です。

このため、コピー先の二点目を指示した後もラバーバンドが表示され、
引き続き最初に選択したオブジェクトのコピーを複数回行なうことができます。

二回目以降の点の指示方法も同様ですが、
相対座標を入力する場合は一点目からの相対座標ではなく、
最後に指定した点からの相対座標となります。


また、コピーの実行中に「元に戻す」コマンドを割り込みで実行できます。
複数回コピーした場合、最後にコピーした操作が取り消されます。


【連続コピー】


コピーする回数が一回のみの場合は、コピーするオブジェクトの選択確定後の
コマンドオプション「モード(O)」で先ほどのコマンドオプション「単一(S)」を選択すると
一回コピーしたあと自動的にコマンドが終了し、オブジェクト選択モードに戻ります。

ただし、このコマンドオプションの状態は保存されて、
次回の複写コマンド実行時にも「単一(S)」のままになりますので、
毎回コマンドオプションの状態を確認・設定すると作業効率が悪くなります。

既定の「複数(M)」の設定のまま、単一のコピーの場合は
二点目を指示したあとEscキーでコマンドの続行をキャンセルした方が効率的です。


ストレッチモードについて

なお、移動コマンドでの説明と同様、単一のオブジェクトをコピーするには
選択したオブジェクトを「ストレッチモード」でコピーする方法もあります。

オブジェクトを選択すると表示されるグリップチップをマウスクリックすることで
オブジェクトの移動をするところまでは移動の場合と同様です。

ただし、二点目をクリックする際にCtrlキーを押しながら
マウスクリックすると連続コピーになります。

なお二点目以降はCtrlキーを押さなくてもコピーができます。


また、Windowsの基本操作であるコピー(Ctrl+C)と貼り付け(Ctrl+V)でも
複写コマンドと同様、もしくはさらに複雑な操作ができますが、
それについてはまた別の解説で説明します。





>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる



AutoCADの解説本やマニュアルの一覧です。初心者さんなら、1冊は手元に置いておくと良いと思います。



初心者さんには「世界一やさしい超入門DVDビデオでマスターするAutoCAD」がオススメです。
(※ただし、ご自身でお使いのCADの対応バージョンにはご注意下さい)

初心者さんにオススメ

現在の最新バージョンはAutoCAD LT 2011です。(当サイトの説明は2009バージョンです) 製品の体験版ダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ