反転(鏡像)



>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる


反転(鏡像)

オブジェクトを反転するには「鏡像」コマンドを使用します。

「鏡像(mirrorまたはmi)」コマンド
「ホーム」タブ→「修正」→「鏡像」またはメニュー→「修正」→「鏡像」


【鏡像コマンドアイコン】


操作はオブジェクトを選択し、反転する対象軸となる線分を
マウスクリックにより指示する方法で行ないます。


反転(鏡像)の操作方法

反転するオブジェクトを選択した状態でコマンドを実行するか、
コマンド実行後にオブジェクトを選択してEnterまたはスペースキーをおすか、
マウスを右クリックします。

すると、反転するオブジェクトが確定し、
コマンドラインに「対称軸の 1 点目を指定:」と表示されます。


次にマウスポインタで二点を指示することで、
対象軸となる仮定の無限線を指定します。

この線は角度が自由ですので、水平の反転、垂直の反転、
また任意の角度に対する反転ができます。


一点目を指示するとマウスポインタに合わせてラバーバンドと、
ラバーバンドを対象軸とした反転図形が表示されます。


【対象軸のラバーバンドと反転図形】


二点目を指示して対象軸を指定するとコマンドラインに
元のオブジェクトを消去しますか? [はい(Y)/いいえ(N)] <N>:」と表示され、
コマンドオプションの入力待ちとなります。


元のオブジェクトを残す、つまり反転コピーを行ないたい場合は、
元のオブジェクトは消去しないのでコマンドオプションは「いいえ(N)」を選択します。

既定の設定が「N」になっているので、Enterまたはスペースキーを押して、
反転オブジェクトを確定します。


一方、元のオブジェクトを残さない、つまり反転移動の場合は
「Y」を入力してEnterまたはスペースキーです。

なおこのコマンドオプションの設定は記憶されません。
次に鏡像コマンドを実行するときにもまた「Y」を入力する必要があります。


反転コピーしてしまった場合のリカバリの方法

なおちょっとしたテクニックとして、コマンドオプション「Y」の入力を忘れて
反転コピーしてしまった場合のリカバリの方法があります。

反転した図形が簡単なオブジェクトであれば、元のオブジェクトだけ選択して削除するか、
「元に戻す」コマンドで「鏡像」の操作自体を再度やりなおしてもいいでしょう。

しかし、オブジェクトが多数だったり、反転元と反転後のオブジェクトが重なり合っていたり等、
削除や再実行が煩わしい場合は、削除コマンドと選択オプション「直前(P)」を使用します。


鏡像コマンド実行後の直前の選択セットは反転元のオブジェクトですので、
「削除」コマンドを実行して選択オプション「直前(P)」を指定することで
元のオブジェクトだけを消去できます。

この操作をキー入力だけで行なうと「e→スペース→p→スペース→スペース」となります。
大がかりな反転作業の際には非常に有効な方法です。





>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる



AutoCADの解説本やマニュアルの一覧です。初心者さんなら、1冊は手元に置いておくと良いと思います。



初心者さんには「世界一やさしい超入門DVDビデオでマスターするAutoCAD」がオススメです。
(※ただし、ご自身でお使いのCADの対応バージョンにはご注意下さい)

初心者さんにオススメ

現在の最新バージョンはAutoCAD LT 2011です。(当サイトの説明は2009バージョンです) 製品の体験版ダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ