回転



>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる


回転

「回転」コマンドは任意の中心点を基準にオブジェクトを回転させるコマンドです。

「回転(rotateまたはro)」コマンド
「ホーム」タブ→「修正」→「回転」またはメニュー→「修正」→「回転」


【回転コマンドアイコン】


単純にオブジェクトを回転させるほか、元のオブジェクトを残したまま、
新たにオブジェクトを回転させるいわゆる回転複写も、
コマンドオプションを使用することによって可能です。


オブジェクトの回転の操作方法

回転するオブジェクトを選択した状態でコマンドを実行するか、
コマンド実行後にオブジェクトを選択してEnter
またはスペースキーをおすか、マウスを右クリックします。

すると回転するオブジェクトが確定し、コマンドラインに「基点を指定:」と表示されます。
「基点」とは回転の中心となる点のことです。

基点をマウスクリックで指示すると、コマンドラインに
回転角度を指定 または [コピー(C)/参照(R)] <0>:」と表示され、
マウスポインタに合わせてラバーバンドと、ラバーバンドとともに回転する回転図形が表示されます。


【基点を指示した後表示されるラバーバンドとコマンドオプション】


ここで回転角度を指定しますが、角度指定はマウスクリックでも
キーボードによる数値入力でもどちらでも可能です。

ラバーバンドの場合は、マウスクリック、数値入力の際は
スペース(またはEnter)キーで回転が完了し、コマンドが終了します。

なお、回転複写を行なう場合は基点を設定した後の
コマンドオプション「コピー(C)」を選択してください。


コマンドオプションの参照について

また、オブジェクトを、斜めの線分など作図領域内の任意の二点の角度に合わせて
回転させる場合には、コマンドオプション「参照(R)」を使用します。

回転オブジェクトと回転の基点を設定した後に、コマンドオプション「参照(R)」を選択し、
まず参照する角度をなす二点をマウスクリックで指示します。


【基点指示後のコマンドオプション】



【参照する角度をなす二点(この場合は六角形の赤色の線分)を指示】


参照角度の指示が終わるとラバーバンドが表示され、回転角度の指定となります。

この時、ラバーバンドとともにマウスポインタに合わせて回転する回転図形が、
参照角度とラバーバンドとが平行となるような角度で表示されています。


次に回転角度をラバーバンドまたは角度を数値入力することにより、
回転後に参照角度がなす新しい角度を指示することができます。

また、ここでさらにコマンドオプション「点を指定(P)」を使用すると、
この時指示する新しい角度も作図領域内の任意の二点のなす角度とすることができます。


【参照角度指示後のコマンドオプション・回転図形の赤色の線分がラバーバンドと平行になっていることに注意】



【新しい角度をなす二点(この場合五角形のは赤色の線分)を指示】


このようにして、元図形の任意の二点を他の任意の二点と同じ角度になるよう回転させることができます。


【回転結果:赤い線分どうしが平行となるように回転されている】






>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる



AutoCADの解説本やマニュアルの一覧です。初心者さんなら、1冊は手元に置いておくと良いと思います。



初心者さんには「世界一やさしい超入門DVDビデオでマスターするAutoCAD」がオススメです。
(※ただし、ご自身でお使いのCADの対応バージョンにはご注意下さい)

初心者さんにオススメ

現在の最新バージョンはAutoCAD LT 2011です。(当サイトの説明は2009バージョンです) 製品の体験版ダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ