オフセット



>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる


オフセット

「オフセット」コマンドは、すでにあるオブジェクトに対して
平行な(円・円弧の場合は同心円状の)オブジェクトを作成するコマンドです。

「オフセット(offsetまたはo)」コマンド
「ホーム」タブ→「修正」→「オフセット」またはメニュー→「修正」→「オフセット」


【オフセットコマンドアイコン】


コマンドを実行するとまずコマンドラインに
オフセット距離を指定 または [通過点(T)/消去(E)/画層(L)] <通過点>:」と表示され、
オフセット距離の入力待ちになります。

オフセット距離は最終的に作成される平行線間の距離になります。


ここはキーボードによる数値入力のほかに、マウスクリックによる距離指定もできます。
この場合マウスでクリックする二点の直線距離がオフセット距離となります。


消去と画層のコマンドオプションについて

ここで使用できるコマンドオプションは「消去(E)」と「画層(L)」です。

「消去(E)」はオフセットした後に元のオブジェクトを消去します。

一方、「画層(L)」はオフセットで新たに作成されるオブジェクトを
コマンド実行時の現在画層に作成します。
※既定の設定は元のオブジェクトと同じ画層に作成


【コマンド実行直後のコマンドオプション】


オブジェクトを選択していなかった場合

オフセット距離を指定後は、コマンド実行前にオブジェクトを選択していなかった場合は、
オフセットするオブジェクトの選択待ちの状態になります。

マウスクリックでオブジェクトを選択します。
ここで選択できるのは単一のオブジェクトだけです。

選択オプションは「最後(L)」が使用できますので、
線分を作成してすぐにオフセットするときなどに活用できます。


オブジェクトを選択すると、コマンドラインに
オフセットする側の点を指定 または [終了(E)/一括(M)/元に戻す(U)] <終了>:」と表示され、
オフセットの方向をマウスクリックで指示します。

任意の点でマウスクリックすると、選択したオブジェクトからクリックした点に対して
オフセット距離だけ離れた平行線(または同心円)が作成されます。

また、この時コマンドオプション「一括(M)」を選択すると
クリックに合わせて連続してオフセットされます。


【オブジェクト選択後のコマンドオプション】



【オプション「一括(M)」を選択した時の実行結果】


なお、オフセット距離は次回以降のコマンド実行時にも保存されています。
同じオフセット距離で繰り返しオフセットを行なうときなどに数値入力の手間が省けます。


【前回のオフセット距離の数値保存】






>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる



AutoCADの解説本やマニュアルの一覧です。初心者さんなら、1冊は手元に置いておくと良いと思います。



初心者さんには「世界一やさしい超入門DVDビデオでマスターするAutoCAD」がオススメです。
(※ただし、ご自身でお使いのCADの対応バージョンにはご注意下さい)

初心者さんにオススメ

現在の最新バージョンはAutoCAD LT 2011です。(当サイトの説明は2009バージョンです) 製品の体験版ダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ