トリムと延長



>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる


トリムと延長

切り取りエッジ」と呼ばれる、境界となるオブジェクトに対して交差するオブジェクトを、
切り取りエッジとの交点で切断・削除するのが「トリム」コマンドです。

また、「境界エッジ」と呼ばれる、境界となるオブジェクトに接するまで
オブジェクトを延長するのが「延長」コマンドです。


「トリム(trimまたはtr)」コマンド
「ホーム」タブ→「修正」→「トリム」またはメニュー→「修正」→「トリム」
「延長(extendまたはex)」コマンド
「ホーム」タブ→「修正」→「延長」またはメニュー→「修正」→「延長」


【トリムコマンドアイコン】



【延長コマンドアイコン】


トリムの操作方法

トリムコマンドを実行すると、最初に切り取りエッジを選択する状態となります。
切り取りエッジは複数選択が可能です。


選択後Enterまたはスペースキーを押すか、マウスを右クリックすると切り取りエッジが確定し、
コマンドウィンドウに、

トリムするオブジェクトを選択 または Shift を押して延長するオブジェクトを選択 または
[フェンス(F)/交差(C)/投影モード(P)/エッジ(E)/削除(R)/元に戻す(U)]:

・・・と表示され、切断するオブジェクトを選択する状態になります。



【切り取りエッジ選択後のコマンドオプション】


コマンドオプションのフェンスと交差について

コマンドオプションの「フェンス(F)」と「交差(C)」は
トリム・延長するオブジェクトが複数ある場合の一括選択の方法です。

「フェンス(F)」はポリライン、
「交差(C)」は選択領域と交差するオブジェクトを選択することができます。


「交差(C)」については、コマンドオプションを選択しなくても
通常の選択領域である交差選択も使用できます。

しかし、「交差(C)」を選択した場合は、選択領域を指定する
対角二点の方向に関係なく、選択領域に交差したオブジェクトを選択できます。


【オプション「フェンス(F)」によるオブジェクトの選択】


切り取りエッジと交差するオブジェクトをマウスクリックすると、
切り取りエッジとの交点でオブジェクトが切断され、
マウスクリックした側が削除されます

このとき、複数選択した切り取りエッジと交差するオブジェクトの場合、
複数の切り取りエッジの間の点でオブジェクトを選択すると、
それぞれの切り取りエッジとの交点でオブジェクトが切断され、中間部分が削除されます。


【オプション「フェンス(F)」によるオブジェクトの選択結果】


また、切り取りエッジと交差しないオブジェクトをShiftキーを押しながらクリックすると、
そのオブジェクトは切り取りエッジまで延長されます。

つまり「延長」コマンドと同じ操作ができます。


【オプション「フェンス(F)」によるオブジェクトの選択】



【通常の実行結果】



【Shiftキーを押しながらの実行結果】


コマンドオプションのエッジについて

エッジ(E)」は線分等を切り取りエッジとした場合に、
仮に切り取りエッジを延長すると交差するオブジェクトについての設定です。


コマンドオプションを選択するとコマンドラインに
エッジ延長モードを入力 [延長(E)/非延長(N)] <非延長>:」と表示されます。

ここで「延長(E)」は切り取りエッジを延長して交差するオブジェクトはトリムする設定、
「非延長(N)」は延長しない、つまり実際に交差しているオブジェクトしかトリムしません。

既定の設定は「非延長(N)」となっています。


【コマンドオプション「エッジ(E)」】



【既定(「非延長(N)」を選択した場合)の実行結果】



【「延長(E)」を選択した場合の実行結果】


延長コマンドについて

延長コマンドの実行も基本的にトリムコマンドと同様です。

まず境界エッジを選択し、次に延長するオブジェクトを選択します。

Shiftキーを押しながら選択したオブジェクトはトリムされる点もトリムコマンドと同様、
オブジェクト選択時のコマンドオプションも全く同様です。





>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる



AutoCADの解説本やマニュアルの一覧です。初心者さんなら、1冊は手元に置いておくと良いと思います。



初心者さんには「世界一やさしい超入門DVDビデオでマスターするAutoCAD」がオススメです。
(※ただし、ご自身でお使いのCADの対応バージョンにはご注意下さい)

初心者さんにオススメ

現在の最新バージョンはAutoCAD LT 2011です。(当サイトの説明は2009バージョンです) 製品の体験版ダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ