ストレッチ



>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる


ストレッチ

AutoCADではオブジェクトの変形を「ストレッチ」コマンドで行ないます。

「ストレッチ(stretchまたはs)」コマンド
「ホーム」タブ→「修正」→「ストレッチ」またはメニュー→「修正」→「ストレッチ」


【ストレッチコマンドアイコン】


図形を引き伸ばしたり、縮めたりなどの変形をこのコマンドで行ないます。

ただし、この変形は部分的な平行移動に限られます。
ねじるような変形、つまり部分的な回転変形は行なうことができません。


変形するオブジェクトの選択は、コマンドの実行の前後どちらでも構いませんが、
一つ注意する事は、変形する部分を交差選択で指示する必要があります。


【交差選択による変形部分の指示】


窓選択で選択すると、「移動」コマンドと同じ操作結果となり、変形されません。


【上図の交差選択による変形結果】



【同じ範囲を窓選択した時の変形結果:選択したオブジェクトのみが移動】


また、単純にオブジェクト選択モードの交差選択で選択しきれない図形の場合は、
コマンド実行後に選択オプションを使用してオブジェクトを選択することができます。

なので、単純な図形の変形でない限り、コマンド実行後に
オブジェクトを選択するようにしたほうが操作の手戻りが少ないでしょう。


何もオブジェクトを選択していない状態でコマンドを実行すると、
コマンドラインに「オブジェクトを選択:」と表示され、
変形するオブジェクトの選択待ちとなります。


交差とポリゴン交差

ここで使用できる選択オプションは、ダイナミック入力またはコマンドラインに
「?」キーを打ちこみ、スペース(またはEnter)キーを入力することで
コマンドラインに表示されます。

多くの選択オプションがありますが、このコマンドでよく使用する選択オプションは

交差(C)」と「ポリゴン交差(CP)」です。


【選択オプションの一覧】


「交差(C)」とは交差選択のことですが、オブジェクトの選択の際
「c」→スペース(またはEnter)で「交差(C)」オプションを選択すると、
選択領域のクリックの方向に関係なく、すべて交差選択となります。

オブジェクトが込み合っている場合など何らかの理由で
右→左のマウスクリックがやりにくい時などにこのオプションを使用します。


もう一つの「ポリゴン交差(CP)」は、同じく交差選択の一つですが、矩形の選択領域ではなく、
多角形のポリゴンで選択領域を作成し、交差するオブジェクトを選択します。

これも選択領域だけでは指示しきれない、入り組んだ形状のオブジェクトを
部分的に選択するときに不可欠な選択オプションです。


【「ポリゴン交差(CP)」による変形部分の指示とその結果】


オブジェクトが選択できれば、スペース(またはEnter)キーをおすか、マウスを右クリックします。

これで変形するオブジェクトが確定し、コマンドラインに
基点を指定 または [移動距離(D)] <移動距離>:」と表示されます。

マウスクリックによる二点指示での変形の場合は、
マウスクリックで移動の始点となる基点を指示します。

すると、ラバーバンドが表示され、選択したオブジェクトが
ラバーバンドともにマウスポインタに追随して変形されます。

次に移動の終点となる目的点を同様にクリックで指示すると変形が完了します。


【上手の範囲指定での変形とその結果】


変形の移動距離を指定する場合

変形の移動距離を指定する場合は、基点を指示する際にとにかく適当な一点を指示し、
目的点を指示するときにダイナミック入力などのキー入力で変形移動する相対座標を入力します。

移動距離の指定についてはコマンドオプション「移動距離(D)」がありますが、
上記の適当な一点を指示する代わりに作図原点を指示するだけですので、操作としては全く同じです。


なお、AutoCADでは、円・テキスト・ブロックオブジェクトなどは
ストレッチコマンドで変形できません。

これらをストレッチした場合、円は中心点、テキスト・ブロックは基点などが
選択領域内に含まれていた場合は、オブジェクト全体が移動距離に合わせて移動し、
中心点・基点が選択領域内になかった場合は、そのままの位置で移動も変形もしません。


ストレッチモードでの操作について

なお、AutoCADにはストレッチコマンドと似た操作を行なう、
オブジェクト選択モードの「ストレッチモード」と呼ばれるオブジェクト操作方法の一つで、
選択したオブジェクトを直接マウスで変形させる方法もあります。


オブジェクトを選択するとグリップチップが表示されますが、
そのグリップチップをマウスクリックすることでオブジェクトの変形ができます。


【ストレッチモードによる図形の変形】


線分、円や円弧ではでは端点、ポリラインでは端点や頂点のグリップチップを
マウスクリックすると、グリップチップを起点としたラバーバンドが表示され、
目的点を指示できる状態になります。

ここではストレッチコマンドと同様、相対座標の入力も可能です。





>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる



AutoCADの解説本やマニュアルの一覧です。初心者さんなら、1冊は手元に置いておくと良いと思います。



初心者さんには「世界一やさしい超入門DVDビデオでマスターするAutoCAD」がオススメです。
(※ただし、ご自身でお使いのCADの対応バージョンにはご注意下さい)

初心者さんにオススメ

現在の最新バージョンはAutoCAD LT 2011です。(当サイトの説明は2009バージョンです) 製品の体験版ダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ