距離と面積の測定



>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる


距離と面積の測定

AutoCADでは、作図領域上の二点間の距離や角度を計測するには「距離計算」コマンド、
面積を計測するには「面積計算」コマンドを使用します。

「距離計算(distまたはdi)」コマンド
「ツール」タブ→「情報」→「距離計算」またはメニュー→「ツール」→「情報」→「距離計算」
「面積計算(areaまたはaa)」コマンド
「ツール」タブ→「情報」→「面積計算」またはメニュー→「ツール」→「情報」→「面積計算」


【距離計算・面積計算コマンドアイコン】


距離計算の基本操作

距離計算コマンドを実行すると、コマンドラインに
コマンド: '_dist 1 点目を指定:」と表示され、1点目の指示待ちとなります。

マウスクリックするとラバーバンドが表示され、続いて2点目を指示する状態になります。



【距離計算コマンド:1点目・2点目の指示】


同様に2点目も指示すると、コマンドウィンドウと、ダイナミック入力がオンになっている場合は
マウスポインタのツールチップに二点間の「長さ」、「XY平面の角度」、「XY平面からの角度」、
「デルタ X」、「デルタ Y」、「デルタ Z」が表示されます。

これで二点間の距離の測定ができます。


【距離計算結果の表示】


面積計算の基本操作

面積計算コマンドを実行すると、コマンドラインに
コーナーの 1 点目を指定 または [オブジェクト(O)/加算モード(A)/減算モード(S)]:
と表示され、1点目の指示待ちとなります。


【面積計算コマンド:1点目の指示とコマンドオプション】


面積を求める範囲の任意の頂点をマウスクリック等で指示すると、
引き続き2点目以降の指示待ちとなります。

ラバーバンドは表示されません。
同様に面積を求める範囲の頂点を順に指示していきます。


最後の頂点を指示したあと、スペース(またはEnter)キー
もしくはマウスの右クリックで範囲指定を終了します。

この時、範囲指定を閉じる(最初指示した頂点を最後にもう一度指示する)必要はありません。
また、範囲指定する頂点の順序(右回りまたは左回り)もどちらでも関係ありません。


範囲指定が終了すると、コマンドウィンドウとダイナミック入力がオンになっている場合は
マウスポインタのツールチップに指定した範囲の「面積」と「周長」が表示されます。

この時の周長は、範囲指定が閉じていなくても、
閉じた(最初指示した頂点を最後にもう一度指示した)ものとして計算されます


【面積計算結果の表示】


なお、上記の操作では円や円弧、
また一部にそれらを含む範囲の面積を求めることはできません。

そのような場合にはコマンドオプションを使用します。


円や円弧単体の場合の面積計算

まず、円や円弧、ポリライン単体のなす面積を求める場合
オプション「オブジェクト(O)」を選択します。

するとオブジェクトの選択モードになりますので面積を求めるオブジェクトを選択します。


ポリラインの場合は閉じている必要はありません。

また円弧オブジェクトの面積は計算できませんので、あらかじめ
「ポリライン編集(peditまたはpe)」コマンドでポリラインに変換しておく必要があります。


オブジェクトを選択すると、コマンドウィンドウとダイナミック入力がオンになっている場合は
マウスポインタのツールチップに指示したオブジェクトの「面積」と「長さ」が表示されます。

この時、「面積」は、そのオブジェクトが閉じてない場合でも
閉じたものとして計算されますが、「長さ」は「周長」ではありませんので、
閉じた周長ではなく、あくまでもポリラインそのものの長さとなります。


ただし、オブジェクト単体の面積を求める場合は、面積計算コマンドを使用するよりも
オブジェクトプロパティ管理(Ctrl+1またはpropatiesまたはpr)」コマンドで
表示されるプロパティパネルを確認する方がより簡単です。

円または円弧をポリラインに変換する必要もありません。


オブジェクトプロパティ管理はオブジェクトを選択した状態での
右クリックメニューからでも実行することができます。


【右クリックメニューのオブジェクトプロパティ管理】



【プロパティパネルの「面積」欄】


範囲の一部に円弧や円がある場合の面積計算

次に、直線で構成される範囲の一部に円や円弧が含まれる場合の面積の計算方法ですが、
コマンドオプション「加算モード(A)」を選択します。

この時円弧はポリラインに変換しておく必要があるのは前述のとおりです。


オプション選択後は、範囲の直線部分の各頂点を、
通常のコマンド操作と同様マウスクリックで指示していきますが、
この時円弧は直線とみなして端点だけを指示していきます。

この時コマンドラインまたはツールチップの表示の末尾に「(加算モード):」と表示されますので、
コマンドオプションを選択していることがわかります。

このように円弧ポリライン部分を内包あるいはないものとした形で範囲指定した後、
スペース(またはEnter)キーもしくはマウスの右クリックで範囲指定をいったん終了します。


すると、これまで指定して範囲の「面積」と「長さ」と「総面積」が表示され、
引き続き面積計算の範囲指定の状態になります。


この時コマンドラインには
コーナーの 1 点目を指定 または [オブジェクト(O)/減算モード(S)]:
と表示されていますので、、、

先ほどいったん範囲指定した領域から外側に張り出した
(つまり面積は加算となる)円弧ポリラインをオプション「オブジェクト(O)」で指定します。

また領域内に食い込んでいる(つまり面積は減算となる)円弧ポリラインは
オプション「減算モード(S)」を選択し、さらにオプション
「オブジェクト(O)」を選択して円弧ポリラインを選択します。


これを繰り返すごとに範囲の「面積」と「長さ」と「総面積」が表示されますが、
最終的に表示される「総面積」が求める面積となります。


ポリラインを作成し面積を求めるテクニック

AutoCADで複雑な形状の面積を求める際のテクニックとして、
その形状のポリラインを作成して面積を求める方法があります。

一度オブジェクトを作成する手間がありますが、
面積計算コマンドでありがちな頂点の拾い落としも少なく、有効な方法です。

面積の根拠をオブジェクトで残せるという利点もあります。


ポリラインの作成には「境界作成(boundaryまたはbo)」コマンドを使用します。
「ホーム」タブ→「作成」→「境界作成」またはメニュー→「作成」→「境界作成」


【「境界作成」コマンドアイコン】


コマンドを実行して面積を求める領域の内側の任意の点をクリックすると、
領域の境界にそって閉じたポリラインが作成されます。

作成されたポリラインを面積計算コマンドの
「オブジェクト(O)」オプションまたはプロパティパネルで確認します。





>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる



AutoCADの解説本やマニュアルの一覧です。初心者さんなら、1冊は手元に置いておくと良いと思います。



初心者さんには「世界一やさしい超入門DVDビデオでマスターするAutoCAD」がオススメです。
(※ただし、ご自身でお使いのCADの対応バージョンにはご注意下さい)

初心者さんにオススメ

現在の最新バージョンはAutoCAD LT 2011です。(当サイトの説明は2009バージョンです) 製品の体験版ダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ