ブロック



>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる


ブロック

全く同一の図形を同じ図面内で多数使用する場合、
AutoCADではその反復図形を「ブロック」として登録することができます。

「登録(blockまたはb)」コマンド
「ホーム」タブ→「ブロック」→「登録」
または「ブロックと参照」タブ→「ブロック」→「登録」
またはメニュー→「作成」→「ブロック」→「ブロック定義」
「挿入(insertまたはi)」コマンド
「ホーム」タブ→「ブロック」→「挿入」
または「ブロックと参照」タブ→「ブロック」→「挿入」
またはメニュー→「挿入」→「ブロック」


【登録・挿入コマンドアイコン】


そのブロックをスタンプのように繰り返し挿入して図面を作成することで、
作図の効率も上がり、なおかつ図面ファイルのファイルサイズも小さく抑えることができます。

ブロックを図面内に挿入する際、向きを回転させたり、反転したり、
大きさを変えたりといった操作も自由に行なうことができます。


また、作業中の図面とは別の図面ファイルを
ブロックとして読み込んで挿入することもできます。

同様にブロックを登録するときに、
そのブロックを一つの図面ファイルとして書き出す操作もできます。


ブロックの登録方法

ブロックを作成するには「登録」コマンドを使用します。

ブロック化するオブジェクトの選択はコマンドの実行前でも実行後でもどちらでも可能です。
コマンドを実行すると「ブロック定義」ダイアログボックスが表示されます。


【「ブロック定義」ダイアログボックス】


ここでは登録するブロックの名前、挿入基点、
ブロックとなるオブジェクトなどを設定することができます。

図面内ではいくつでもブロックの登録ができますが、
同一の名前のブロックを作成することはできません。


挿入基点となる点の設定、ブロック化するオブジェクトの選択は
それぞれダイアログボックス内の「基点」欄の「挿入基点を指定」ボタンと、
「オブジェクト」欄にある「オブジェクトを選択」ボタンで
一時的に作図領域に戻って選択・指定が可能です。

また、選択されたオブジェクトはダイアログの「名前」欄の右側にアイコン表示されます。


ブロックの元となった選択オブジェクトの、ブロック登録後の扱いについては
オブジェクト」欄下部のラジオボタンで指定します。

  • 保持」はそのまま何も操作されません。
  • ブロックに変換」は選択したオブジェクトがそのまま新しくブロックに置き換えられます。
  • 削除」は文字通り削除されます(ブロックとして登録はされています)。

動作」欄の設定には注意が必要です。

  • 異尺度対応」チェックボックスは異なる注釈尺度に対応したブロックの作成の際チェックを入れます。
  • XYZ尺度を均一に設定」にチェックを入れると、挿入尺度を設定して拡大/縮小して挿入する際、座標軸のX方向、Y方向それぞれの方向に個別の尺度設定をすることができなくなります。
  • 分解を許可」のチェックが外れていると、挿入後、「分解」コマンドでのブロックの分解ができなくなります。

設定がすべて済めばダイアログの「OK」ボタンをクリックするとブロックの登録は完了です。


なお、これらの設定は、「ブロック定義」ダイアログボックスで登録済みのブロック名称を
ドロップダウンリストから選択して設定を修正し、再定義することができます。


ブロック登録における注意点

なお、ブロック登録の際にはブロックとなるオブジェクトの画層や
線種などの設定(プロパティ)に注意する必要があります。


ブロックを構成するオブジェクトのプロパティと、
ブロックを挿入する時のプロパティが異なるとき、
表示の点ではオブジェクトのプロパティが優先されます。

ブロックのプロパティを優先させたい場合は、ブロック登録の際に、
ブロックを構成するオブジェクトの画層を「0」、
その他のプロパティを「ByBlock」に設定しておく必要があります。


【「ホーム」タブの「プロパティ」パネルで線種を「ByBlock」に設定】


ただし、万一これらの設定を誤ってブロックを定義した後でも、
後で説明する「エディタ」で再度設定を変更することは可能です。


また、他の図面ファイルへもブロックとして挿入できるように、
ブロックを一つの図面ファイルとして書き出す場合は、
ブロック書き出し(wblockまたはw)」コマンドを使用します。

コマンドを実行すると「ブロック書き出し」ダイアログボックスが表示されます。

基本的な操作は「ブロック定義」ダイアログボックスと同様ですが、
ファイルの保存と同様に書き出し先と書き出しファイル名を設定する必要があります。


【「ブロック書き出し」ダイアログボックス】


ブロックの挿入方法

作成したブロックを図面内に配置するには「挿入」コマンドを使用します。
コマンドを実行すると「ブロック挿入」ダイアログボックスが表示されます。


【「ブロック挿入」ダイアログボックス】


まず「名前」欄のドロップダウンリストから配置するブロックの名前を選んで選択します。

他の図面ファイルをブロックとして挿入する場合は
「参照」ボタンをクリックして図面ファイルを選択します。


次に挿入位置、尺度、回転などの設定をして、最後に「OK」ボタンを押します。

ダイアログ表示が消えて作図領域でブロックの挿入位置を指定します。
この時マウスポインタを挿入基点としたブロックが表示されています。


なお、ダイアログボックスで設定する尺度や回転などの設定は、
ダイアログが消えて挿入する時点でも挿入オプションとして再度設定が可能です。

ただし、座標軸のX方向、Y方向それぞれの方向に個別の尺度を設定して
拡大/縮小したブロックを挿入する場合は、あらかじめダイアログボックス「尺度」欄の
「XYZ尺度を均一に設定」チェックボックスのチェックを外しておく必要があります。


チェックが入った場合とチェックを外した場合それぞれの、
「OK」ボタンを押した後の作業領域挿入時のコマンドラインは以下の通りです。

チェックが入った場合→ 挿入点を指定 または [基点(B)/尺度(S)/回転(R)]:
チェックを外した場合→ 挿入位置を指定 または [基点(B)/尺度(S)/X/Y/Z/回転(R)]:

この通り、軸方向それぞれの尺度設定を行なうコマンドオプション「X」、「Y」は
「XYZ尺度を均一に設定」チェックボックスのチェックを外さないと
選択できませんので注意が必要です。


ブロックの修正方法について

ブロックの登録後、また図面内への挿入後にブロックそのものの修正を行なうこともできます。

エディタ(beditまたはbe)」コマンドを実行すると、
「ブロック定義を編集」ダイアログボックスが表示されます。

「エディタ(beditまたはbe)」コマンド 「ホーム」タブ→「ブロック」→「エディタ」
または「ブロックと参照」タブ→「ブロック」→「エディタ」
またはメニュー→「ツール」→「ブロックエディタ」


【「ブロック定義を編集」ダイアログボックス】


左側のウィンドウに登録済みのブロックがリスト表示され、
選択するとブロックのイメージがプレビュー画面に表示されます。

修正するブロックを選択して「OK」ボタンをクリックすると、
作図領域に選択したブロックだけが表示され、
リボンメニューには新たに「ブロックエディタ」タブが表示されます。

ここでは通常の図面を編集するように、ブロックのオブジェクトを修正することができます。


修正後は「ブロックエディタ」タブの
「ブロックエディタを閉じる(bcloseまたはbc)」アイコンをクリックすると、
作図領域が図面の表示に戻り、ブロックに加えた修正が反映されています。


【「ブロック エディタ」タブ】


登録されたブロック定義について

なお、登録されたブロック定義は、図面に挿入されていない状態でもファイルに保存されています。

未使用のブロック定義が蓄積するとファイルサイズが大きくなり、
AutoCADのパフォーマンスの低下にもつながります。

未使用のブロック定義を削除するには「名前削除(purgeまたはpu)」コマンドを実行します。

「名前削除(purgeまたはpu)」コマンド
「ツール」タブ→「図面ユーティリティ」→「名前削除」
またはメニュー→「ファイル」→「図面ユーティリティ」→「名前削除」


【名前削除コマンドアイコン】


表示される「名前削除」ダイアログボックスのツリー表示の
「ブロック」の先頭にある「+」マークをクリックしてツリーを展開し、
削除するブロックを選択して「名前削除」ボタンをクリックします。

確認ダイアログが表示されるので確認の上、
「OK」ボタンをクリックするとブロック定義が削除できます。


【「名前削除」ダイアログボックス】






>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる



AutoCADの解説本やマニュアルの一覧です。初心者さんなら、1冊は手元に置いておくと良いと思います。



初心者さんには「世界一やさしい超入門DVDビデオでマスターするAutoCAD」がオススメです。
(※ただし、ご自身でお使いのCADの対応バージョンにはご注意下さい)

初心者さんにオススメ

現在の最新バージョンはAutoCAD LT 2011です。(当サイトの説明は2009バージョンです) 製品の体験版ダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ