分解



>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる


分解

AutoCADでは、ブロックを個々のオブジェクトに分解するには「分解」コマンドを使用します。

「分解(explodeまたはx)」コマンド
「ホーム」タブ→「修正」→「分解」またはメニュー→「修正」→「分解」


【分解コマンドアイコン】


「分解」コマンドはまた、ポリラインを線分に、
マルチテキストをダイナミック文字に分解するのにも使用します。

また、寸法オブジェクトも「分解」コマンドで線分とマルチテキストに分解されます。


分解の操作方法

コマンドを実行するとコマンドラインに「オブジェクトを選択:」と表示され、
オブジェクトの選択モードとなります。


ここでブロック等のオブジェクトを選択しますが、
単なる線分など分解できないオブジェクトを選択した場合は
コマンドウィンドウに「1 個は分解できません。」などと表示されます。

スペース(またはEnter)キーまたはマウスの右クリックで選択を完了すると、
選択したオブジェクトのうち分解できるものが分解されます。


分解できないオブジェクトについてはそのまま何もされませんので、
選択領域等を使用した選択の際、分解できないオブジェクトが選択セットに含まれた場合も
あまり気にせずにコマンドを実行しても差し支えありません。


あらかじめオブジェクトを選択してコマンドを実行した場合は、
コマンド実行後はすぐにオブジェクトが分解され、コマンドが終了します。

オブジェクトの追加選択などはできません。

また、この時もコマンドウィンドウに選択されたオブジェクトと、
そのうち分解できないオブジェクトなどが表示されます。


ブロック分解の際の注意点

ブロックを分解した際、ブロックの元のオブジェクトの画層や線種、色などのプロパティと、
ブロックが配置された時のプロパティが異なる場合、
分解した時点で作業領域上でのオブジェクトの見え方が変わってしまう場合があります。


そのような場合に分解と同時にオブジェクトのプロパティ設定をしてしまうコマンドとして
拡張分解(xplodeまたはxp)」コマンドがあります。

ただし、このコマンドではプロパティの設定をほとんどコマンドラインで行ないますので、
コマンドラインでの操作に慣れていない方向きではありません。


コマンドラインでの操作に慣れていない場合は、素直に「分解」コマンドを使用した後、
オブジェクトプロパティなどで設定を変更したほうが間違いが少ないでしょう。





>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる



AutoCADの解説本やマニュアルの一覧です。初心者さんなら、1冊は手元に置いておくと良いと思います。



初心者さんには「世界一やさしい超入門DVDビデオでマスターするAutoCAD」がオススメです。
(※ただし、ご自身でお使いのCADの対応バージョンにはご注意下さい)

初心者さんにオススメ

現在の最新バージョンはAutoCAD LT 2011です。(当サイトの説明は2009バージョンです) 製品の体験版ダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ