外部参照



>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる


外部参照

外部参照は、AutoCADの他の図面ファイルを現在作業中の図面ファイルに
ブロックのような形で貼り付ける機能です。

「外部参照(xrefまたはxr)」コマンド
「ブロックと参照」タブ→「参照」→「外部参照」またはメニュー→「挿入」→「外部参照」


【外部参照コマンドアイコン】


通常のブロックと異なる点は、
もし貼り付けている元の図面ファイルに編集が加えられた場合、
その編集内容が貼り付けた先の図面ファイルにも反映される点です。

一つの図面データを元に、複数の図面を作成する、特に元となる図面の作業を続けながら
同時進行でそれにデータを付け加えた複数図面を作成する時などに、この外部参照を使用します。


AutoCADの非常に便利な機能の一つです。

貼り付けた元の図面は、ブロックに変換して
作業中の図面ファイルのデータとして固定することができます。

ブロックですので当然分解も可能です。

いったんブロックに変換されると、貼り付けた元の図面に編集が加えられても、
ブロックとして固定されたデータにはその編集内容は反映されません。


用語の定義

AutoCADでは、貼り付けられた元の図面ファイルを「参照図面」、
ブロックのような形で貼り付ける事を「アタッチ」、
また作業中の図面にアタッチされたデータの事を「外部参照」と呼びます。

また、アタッチされた外部参照をブロックに変換する事を「バインド」と呼びます。


参照図面をアタッチする操作方法

「外部参照」コマンドを実行すると「外部参照」パレットが表示されます。


【「外部参照」パレット】


パレット上部は「ファイル参照ペイン」と呼ばれ、
作業中のファイルを最上段に、参照図面とそのデータが表示されます。

パレット下部は「詳細」/「プレビュー」ペインと呼ばれ、、
上段のファイル参照ペインで選択した参照図面のデータやイメージを表示します。


新規で参照図面をアタッチする場合、まず参照図面を選択します。

それには外部参照パネルの最上段左側にある「DWGをアタッチ」ボタンを押しますが、
ボタン右側のドロップダウンを使用して、通常の図面ファイルであるDWGファイルのほか、
画像ファイル、DWFファイル、DGNファイルを選択することができます。

なお、DXFファイルのアタッチはできませんので、
あらかじめDWGファイルに変換しておく必要があります。


また、リボンメニューの「ブロックと参照」タブ「参照」パレットにある
「DWG(xattachまたはxa)」コマンドアイコン等をクリックすることで
直接上記ファイルの参照図面をアタッチすることができます。


ボタンをクリックすると、「参照ファイルを選択」ダイアログボックスが表示されますので、
アタッチする参照図面を選択して「開く」ボタンを押します。


【「参照ファイルを選択」ダイアログボックス】


次に、作図領域内に外部参照をアタッチしますが、
このとき「ブロック挿入」ダイアログボックスによく似た
「外部参照アタッチ」ダイアログボックスが表示されます。


ここでブロックを挿入するときと同様に尺度や回転などの数値を設定して
「OK」ボタンを押すと外部参照の挿入位置の指定となります。


【「外部参照アタッチ」ダイアログボックス】


ブロックの挿入の時と同様、マウスポインタを挿入基点とした外部参照が表示されます。
ダイアログでの設定を挿入オプションで再度設定できるのもブロックと同様です。


外部参照をアタッチすると、外部参照パレットのファイル参照ペインに参照図面が表示されます。

ペインで参照図面を選択すると、
詳細/プレビューペインに参照図面の情報やイメージが表示されます。

詳細とプレビューの切り替えはペインの上段にあるボタンで切り替えます。


外部参照をバインドする操作方法

外部参照をバインドするには、外部参照パレットのファイル参照ペインでバインドする参照図面を選択し、
マウスの右クリックで表示されるショートカットメニューからバインドを選択します。


【参照図面を選択した時の右クリックメニュー】


「外部参照をバインド」ダイアログボックスが表示されますので、
個別バインド」か「挿入」かどちらかを選択します。


これらの違いは、たとえば画層をとって説明すると、
参照図面も現在の図面もともに「A」という画層を使用していたとします。

個別バインドの場合、参照図面をブロックに変換する際に参照図面の「A」という画層を
(参照図面名)\0\A」という画層名に変換してブロック化します。
※「\0\」の数字は別の数字の場合もあります

つまり、現在図面と参照図面の画層や線種が混ざり合ってもかまわない場合は
「挿入」、画層や線種を区別しておきたい場合は「個別バインド」を選択します。


なお、外部参照を取り消す、削除する場合、作図領域上の外部参照を
「削除」コマンドで消去しても外部参照自体は取り消されていません。

完全に削除する場合は外部参照パレットのファイル参照ペインで削除する参照図面を選択し、
マウスの右クリックで表示されるショートカットメニューから「アタッチ解除」を選択します。





>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる



AutoCADの解説本やマニュアルの一覧です。初心者さんなら、1冊は手元に置いておくと良いと思います。



初心者さんには「世界一やさしい超入門DVDビデオでマスターするAutoCAD」がオススメです。
(※ただし、ご自身でお使いのCADの対応バージョンにはご注意下さい)

初心者さんにオススメ

現在の最新バージョンはAutoCAD LT 2011です。(当サイトの説明は2009バージョンです) 製品の体験版ダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ