ポリライン編集



>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる


ポリライン編集

AutoCADですでに作成済みのポリラインに操作を加える方法としては、
例えば頂点の移動等はストレッチコマンドやオブジェクト選択時のストレッチモード等があります。

切断などはトリムコマンドや部分削除コマンドが使用できますし、
線分をポリラインに追加するにはフィレットコマンドなども使用できます。

ただし、上記のようなコマンドではできない、頂点の追加や、円弧などとの結合、
また線分をポリラインに変換する作業などには「ポリライン編集」コマンドを使用します。

「ポリライン編集(peditまたはpe)」コマンド
「ホーム」タブ→「修正」→「ポリライン編集」
またはメニュー→「修正」→「オブジェクト」→「ポリライン」


【ポリライン編集コマンドアイコン】


ポリライン編集の操作方法

コマンドを実行するとコマンドラインに「ポリラインを選択 または [一括(M)]:」と表示され、
ポリラインオブジェクトの選択待ちとなります。


ポリライン出ないオブジェクトを選択した場合、
選択されたオブジェクトはポリラインではありません。」と表示され選択待ちが続きます。

線分や円弧などポリラインに変換できるオブジェクトを選択した場合、
さらに「ポリラインに変更しますか? <Y>」と表示されるので、
スペース(またはEnter)キーまたはマウスの右クリックで
選択したオブジェクトがポリラインに変換されます。

なお、選択時のコマンドオプション「一括(M)」を選択すると
複数のポリラインを一括して編集することができます。


ポリラインの選択、またはポリラインへの変換が済むと、コマンドラインに、、、
オプションを入力
[閉じる(C)/結合(J)/幅(W)/頂点編集(E)/フィットカーブ(F)/スプライン(S)
/カーブ解除(D)/線種生成モード(L)/元に戻す(U)]
:
・・・と表示され、編集のオプション入力待ちとなります。


ここでは比較的よく使用する先頭4つのコマンドオプションについて説明します。


「閉じる」のコマンドオプション

閉じる(C)」はポリラインの端点と端点とを結んで、輪のようなポリラインにします。
これが閉じたポリラインです。


【コマンドオプションでの「閉じる(C)」の選択】


たとえ端点同士が接していて閉じているように見えても、ポリラインとしては閉じていません。

また、閉じたポリラインを選択したときのみ、
閉じる(C)」オプションの代わりに「開く(O)」オプションが選択できます。


【上図の実行結果】



【閉じたポリラインの時に表示される「開く(O)」オプション】


「結合」のコマンドオプション

結合(J)」はポリラインに別のオブジェクトを追加します。
単一のポリラインを選択した場合は、オプション選択後追加するオブジェクトの選択待ちとなります。

この時選択する追加オブジェクトは、その端点が結合するポリラインの端点に接している必要があります。

ただし、ポリライン選択の際に「一括(M)」オプションを選択した場合、
選択したオブジェクトそれぞれが一つのオブジェクトに結合されます。

この場合に限り、コマンドラインに、、、
  結合タイプ = 延長(E)
  許容距離を入力 または [結合タイプ(J)] <0.0000>:

と表示され、端点同士の離れている距離が入力する許容距離以下のポリラインを結合することができます。


【許容距離の入力とその実行結果】


「幅」および「頂点編集」のコマンドオプション

(W)」はポリラインの全体に線幅を与えます。

頂点編集(E)」はポリラインに新しい頂点を追加したり、いまある頂点を削除したりします。


オプションを選択するとポリラインの最初の頂点にマーカーが表示され、
コマンドラインに以下のオプションが表示されます。

頂点編集のオプションを入力
[次(N)/直前(P)/分割(B)/挿入(I)/移動(M)/再作図(R)/直線化(S)/接線(T)/幅(W)/終了(X)] <N>:

「次(N)/直前(P)」でマーカーを頂点ごとに移動します。

頂点の追加は「挿入(I)」です。
頂点の削除は削除する頂点の直前で「直線化(S)」を選択します。


【頂点編集のオプションで「直線化(S)」を選択】


さらにオプションで、、、
  オプションを入力 [次(N)/直前(P)/実行(G)/終了(X)] <N>:
が表示されるので、「次(N)」で削除する頂点の次の頂点まで進み、「実行(G)」を選択します。



【「実行(G)」の選択とその実行結果】






>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる



AutoCADの解説本やマニュアルの一覧です。初心者さんなら、1冊は手元に置いておくと良いと思います。



初心者さんには「世界一やさしい超入門DVDビデオでマスターするAutoCAD」がオススメです。
(※ただし、ご自身でお使いのCADの対応バージョンにはご注意下さい)

初心者さんにオススメ

現在の最新バージョンはAutoCAD LT 2011です。(当サイトの説明は2009バージョンです) 製品の体験版ダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ