オブジェクトの画層コントロール



>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる


オブジェクトの画層コントロール

図面によっては、各種のプロパティを画層ごとに割り当てて作図するケースが多くあります。
そのようなケースの場合、オブジェクトの画層の変更がすなわちプロパティの変更となります。


AutoCADの場合、画層の変更は「クイック プロパティ パネル」や
「オブジェクトプロパティ管理」で表示される「プロパティパネル」でも行なう事ができます。

しかし、もう少し単純に、あるオブジェクトを
図面内の別のオブジェクトと同じ画層にしたいという場合もあります。

その際いちいちプロパティパネル等で参考オブジェクトの画層を確認して
目的のオブジェクトのプロパティを編集するのもミスの元となります。


AutoCADでは、オブジェクトの画層コントロールのために特化したコマンドが
各種用意されていますので、そのうちよく使用するコマンドを説明します。


【「形式」メニューの「画層ツール」内のコマンド一覧】


選択したオブジェクトの画層を現在層に設定

「選択したオブジェクトの画層を現在層に設定(laymcur)」コマンドは、
現在の画層と異なる画層上に作成されたオブジェクトがあるとき、
現在の画層をそのオブジェクトと同じ画層に設定するコマンドです。

「選択したオブジェクトの画層を現在層に設定(laymcur)」コマンド
「ホーム」タブ→「画層」→「選択したオブジェクトの画層を現在層に設定」
またはメニュー→「形式」→「画層ツール」→「選択したオブジェクトの画層を現在層に設定」


【選択したオブジェクトの画層を現在層に設定】


コマンド実行後、作図領域内のオブジェクトを選択すると、
現在の画層がそのオブジェクトと同じ画層に変更されます。


【オブジェクトの選択とその結果】


オブジェクトを現在の画層に移動

「オブジェクトを現在の画層に移動(laycur)」コマンドは、逆に、
現在の画層と異なる画層上に作成されたオブジェクトを、現在の画層に変更するコマンドです。

「オブジェクトを現在の画層に移動(laycur)」コマンド
「ホーム」タブ→「画層」→「オブジェクトを現在の画層に移動」
またはメニュー→「形式」→「画層ツール」→「オブジェクトを現在の画層に移動」


【オブジェクトを現在の画層に移動コマンドアイコン】


コマンド実行後、作図領域内のオブジェクトを選択すると、
選択したオブジェクトの画層が現在の画層に変更されます。


【オブジェクトの選択とその結果】


オブジェクトを指定の画層に移動

「オブジェクトを指定の画層に移動(laymch)」コマンドは、
現在の画層と異なる画層上に作成されたオブジェクトを、
やはり現在の画層と異なる別の画層に変更するコマンドです。

「オブジェクトを指定の画層に移動(laymch)」コマンド
「ホーム」タブ→「画層」→「オブジェクトを指定の画層に移動」
またはメニュー→「形式」→「画層ツール」→「オブジェクトを指定の画層に移動」


【オブジェクトを現在の画層に移動コマンドアイコン】

コマンド実行後、まず画層を変更するオブジェクトを選択します。

次に変更先の画層上にあるオブジェクトを選択すると、
最初に選択したオブジェクトの画層が目的の画層に変更されます。


【画層を変更するオブジェクトを選択】


【参照する画層上のオブジェクトの選択とその結果】


オブジェクトを指定の画層に複写

また、単なる画層の変更ではなく、いまオブジェクトが存在する画層から、
指定する画層にオブジェクトをコピーする場合は、
「オブジェクトを指定の画層に複写(copytolayer)」コマンドを使用します。

「オブジェクトを指定の画層に複写(copytolayer)」コマンド
「ホーム」タブ→「画層」→「オブジェクトを指定の画層に複写」
またはメニュー→「形式」→「画層ツール」→「オブジェクトを指定の画層に複写」


【オブジェクトを現在の画層に複写コマンドアイコン】






>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる



AutoCADの解説本やマニュアルの一覧です。初心者さんなら、1冊は手元に置いておくと良いと思います。



初心者さんには「世界一やさしい超入門DVDビデオでマスターするAutoCAD」がオススメです。
(※ただし、ご自身でお使いのCADの対応バージョンにはご注意下さい)

初心者さんにオススメ

現在の最新バージョンはAutoCAD LT 2011です。(当サイトの説明は2009バージョンです) 製品の体験版ダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ