プロパティコピー



>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる


プロパティコピー

あるオブジェクトのプロパティを、別のオブジェクトと同一の設定に変更する操作として、
AutoCADの場合、変更を画層だけに限定するのであれば、、、

  • 「オブジェクトを現在の画層に移動(laycur)」コマンド
  • 「オブジェクトを指定の画層に移動(laymch)」コマンド

などで変更が可能です。


また、線種や色など、その他のプロパティの設定ごとに画層を割り振ることによって、
画層の変更でその他のプロパティも変更することも、ある程度までは可能です。

ただし、画層には設定できないプロパティ、
たとえば文字スタイルや寸法スタイル、ハッチング等のスタイル設定といった
プロパティについては画層を変更することでは設定の変更は行なえません。

また画層による設定ではなく、個別に設定した線種や色などの
単体オブジェクト固有のプロパティについても同様です。


このように、画層以外のプロパティについても、別のオブジェクトと同じ設定にしたいという場合、
一つ一つプロパティパネル等でオブジェクトのプロパティを編集するのも効率的ではありません。


そのようなときに使用するのが「プロパティコピー」コマンドです。

「プロパティコピー(matchpropまたはma)」コマンド
「ホーム」タブ→「プロパティ」→「プロパティコピー」
またはメニュー→「修正」→「プロパティコピー」


【プロパティコピーコマンドアイコン】


プロパティコピーの操作方法

コマンドを実行すると、まずコピー元となるオブジェクトの選択モードとなります。

この時選択できるオブジェクトは一つだけです。
マウスを使用して選択する場合はクリックのみで、選択領域は使用できません。

選択オプションは「最後(L)」のみ使用可能です。


【コピー元オブジェクトの選択】


コピー元オブジェクトを選択すると、
次に、プロパティを変更するコピー先のオブジェクトを選択します。

ここでは複数のオブジェクトを選択することができます。
クリックごとの連続選択のほか、選択領域も使用できます。


【マウスクリックによるコピー先オブジェクトの選択と実行結果】



【交差選択によるコピー先オブジェクトの選択と実行結果】


このとき、コマンドオプション「設定(S)」を選択すると
プロパティの設定」ダイアログボックスが表示されます。

ここでコピーするプロパティを取捨選択できますので、
特定のプロパティだけコピーしたい場合などにこのコマンドオプションを選択します。


【「プロパティの設定」ダイアログボックス】


また、別の言い方をすればプロパティコピーでコピーできるのは
上記「プロパティの設定」ダイアログにある項目だけとも言えます。


つまり円オブジェクトの半径を別の円オブジェクトにコピーすることはできません。
同様にテキストの内容などもコピーされません。

また、このコマンドはあくまでもプロパティをコピーするコマンドですので、
オブジェクトタイプはコピーされません。

コピー元にポリラインオブジェクトを選択し、
コピー先に線分を選択しても線分がポリラインに変換されるわけではありません。





>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる



AutoCADの解説本やマニュアルの一覧です。初心者さんなら、1冊は手元に置いておくと良いと思います。



初心者さんには「世界一やさしい超入門DVDビデオでマスターするAutoCAD」がオススメです。
(※ただし、ご自身でお使いのCADの対応バージョンにはご注意下さい)

初心者さんにオススメ

現在の最新バージョンはAutoCAD LT 2011です。(当サイトの説明は2009バージョンです) 製品の体験版ダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ