図面縮尺



>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる


図面縮尺

AutoCADでの作図は、すべて実寸で行ないますので、
図面データの設定の中で図面サイズや図面縮尺を設定することはありません。

それらの設定は、印刷の際やレイアウトのペーパー空間の設定の際に行ないます。
しかし、文字や寸法・記号等についてだけは、出力の際の縮尺を考慮し作図する必要があります。


たとえば、縮尺1:200で出力する図面上に、3mm角の大きさの文字を記入する場合、
図面データ上では6,000mm角のテキストを配置する必要があります。

このように文字や寸法・記号など(注釈)について、
その尺度をコントロールする機能が、「注釈尺度」です。


注釈尺度について

前述の通り、図面の全てのオブジェクトを実寸で作図する場合、文字や寸法・文字や記号等は
その大きさと縮尺を持った図面として見た時の見え方を意識する必要があります。

しかし、AutoCADでは、文字や記号等を「異尺度対応」オブジェクトとすることで、
それらを意識せずに作業することができます。


【「文字スタイル管理」ダイアログボックス】


文字スタイル管理や寸法スタイル管理、ブロック定などで「異尺度対応」にチェックを入れ、
テキストなどの大きさを実寸での大きさ(例では6,000mm)ではなく、図面上での大きさ
(例では3mm)を指定することで、どんな縮尺でもオブジェクトの大きさが自動的に調整されます。

その際に異尺度対応オブジェクトを作成する時点での図面縮尺の設定が必要となりますが、
それを設定するのがステータスバーの「注釈尺度(cannoscale)」です。


【「注釈尺度」ボタン】


この値を設定することにより、ステータスバーの
自動尺度機能を有効」ボタンをクリックして自動尺度機能を有効にすると、
異尺度対応オブジェクトの大きさが、逐次変更されるのを確認することができます。


【「自動尺度機能を有効」ボタン】


下の画像は100mm×100mmの正方形に異尺度対応(Annotative)で寸法と文字を記入し、
注釈尺度」ボタンで尺度を変更したときの画面です。


【注釈尺度に合わせて見え方が調整される様子】


文字の大きさが調整されているのが確認できます。


また、異尺度対応オブジェクトの設定によっては、
極端な縮尺にした場合に、かえって図面が見づらくなることもあります。

こういう場合、縮尺によってオブジェクトを不可視とすることも可能です。





>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる



AutoCADの解説本やマニュアルの一覧です。初心者さんなら、1冊は手元に置いておくと良いと思います。



初心者さんには「世界一やさしい超入門DVDビデオでマスターするAutoCAD」がオススメです。
(※ただし、ご自身でお使いのCADの対応バージョンにはご注意下さい)

初心者さんにオススメ

現在の最新バージョンはAutoCAD LT 2011です。(当サイトの説明は2009バージョンです) 製品の体験版ダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ