単位と精度



>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる


単位と精度

AutoCADは国際的なシェアを持つCADであるため、メートル単位系での図面だけでなく、
インチ/フィート単位系での図面も作成することができます。

逆に言えば、誤ってインチ/フィート単位系の設定でメートル単位系の図面を作成すると、
正しい作図作業が行なえませんので注意が必要です。


また、作図作業中に表示される長さや角度などの数値について、
小数点以下何桁まで表示するのか、その精度の設定も行うことができます。

この精度の設定についても、たとえば小数点以下の数値を表示しない設定にしていた場合、
小数点以下の誤差が生じていることに気付かずに、正確でない図面データを
作成してしまう結果も考えられますので、適切に設定することが必要です。


単位と精度の設定方法について

単位系や精度の設定は、どちらも「単位管理(units)」コマンドの
実行で表示される「単位管理」ダイアログボックスで設定します。

ツール」タブ→「図面ユーティリティ」→「単位管理
または、メニュー→「形式」→「単位管理


【「単位管理」ダイアログボックス】


通常AutoCADの初期設定では、単位はミリメートル、長さは十進表記で精度は小数点以下4桁、角度は度(十進表記)で精度は小数点以下なしとなっています。

これらの設定をドロップダウンメニューで変更することができますが、
角度の精度については、小数点以下まで表示する設定にしておく方がいいでしょう。


下の画像は任意の線分を「距離計算(dist)」コマンドで計測した時の画面です。
角度の精度を設定することで計測結果に差が出ているのがわかります。


【初期設定状態で計測】



【角度の精度を「0.00」に変更して同じ線分を計測】


なお、ここで設定する精度とは、あくまでも表示される精度です。

実際のデータの精度ではありませんので、
表示される精度を粗くしても、データの精度まで落ちるわけではありません。
※また、ここでの精度は寸法記入の際の寸法値の桁数とも関係ありません


寸法記入において小数点以下の数字を表示させる場合に「単位管理」コマンドを実行しても、
寸法値の桁数はコントロールできませんので注意が必要です。

寸法値の精度については「寸法スタイル管理(dimstyle)」コマンドを実行するか、
個々の寸法オブジェクトのオブジェクトプロパティで、寸法値の精度を設定します。


線種設定の際の線種ファイルの選択について

単位系でもう一つ注意が必要なことが線種設定の際の線種ファイルの選択です。

詳しくは線種設定の解説で説明しますが、AutoCADでは
使用する線種(破線や一点鎖線など)を既定の線種ファイルからロード(読み込み)して設定します。


その設定ファイルに、メートル単位系とインチ/フィート単位系の二種類の線種ファイルが存在します。

線種をロードする際、誤って違う単位系の線種ファイルからロードすると、
図面によって線のピッチなどが微妙に異なる結果となりますので注意が必要です。


新規図面を作成する場合の注意点

また、新規図面を作成する場合、図面テンプレートファイルを開く
「テンプレートを選択」ダイアログボックスが表示されます。

このとき通常既定で選択されている「acadltiso.dwt」ではなく「acadlt.dwt」を選択すると、
インチ/フィート単位系で新規図面を作成してしまうので注意が必要です。


ただし、誤って「acadlt.dwt」で新規図面を作成した場合でも、
上記の「単位管理」コマンドによる設定の変更と、適切な線種ファイルのロードによって、

メートル単位系で作業を進めることができます。


【「iso」がないファイルがインチ/フィート単位系】






>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる



AutoCADの解説本やマニュアルの一覧です。初心者さんなら、1冊は手元に置いておくと良いと思います。



初心者さんには「世界一やさしい超入門DVDビデオでマスターするAutoCAD」がオススメです。
(※ただし、ご自身でお使いのCADの対応バージョンにはご注意下さい)

初心者さんにオススメ

現在の最新バージョンはAutoCAD LT 2011です。(当サイトの説明は2009バージョンです) 製品の体験版ダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ