線種設定



>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる


線種設定

図面の作成の際には破線や一点鎖線など様々な種類の線を使い分ける必要がありますが、
AutoCADの初期状態(新規図面を開いた状態)で使用できる線種は、実線しかありません。

そこで、その他の線種を使用するには、線種のデータが設定されている線種ファイルから
線種データをロード(読み込み)して設定します。

以下に、その操作方法を解説します。

線種ファイルから線種データを読み込みして設定する方法

この作業は「線種管理(linetype)」コマンドで行ないます。

ホーム」タブ→「プロパティ」の「線種コントロール」リストから「その他」を選択
または、メニュー→「形式」→「線種管理


【「線種コントロール」ドロップダウンリストの「その他」】


線種管理」コマンドを実行すると、「線種管理」ダイアログが表示されますので、
ロード」ボタンをクリックし、次に「線種のロードまたは再ロード」ダイアログボックスを表示します。


既定の設定では上段の「ファイル」欄に「acadltiso.lin」と表示されます。
これが線種ファイルです。


使用可能な線種」欄には、線種ファイルに含まれる線種のリストが表示されます。

このリストから読み込みたい線種を選択して「OK」ボタンをクリックすると
線種管理」ダイアログボックスに先ほど選択した線種が追加されます。


なお、「線種のロードまたは再ロード」ダイアログボックスでの線種の選択の際、
CtrlキーやShiftキーを押しながらのクリックで複数の線種を選択することができます。


【「線種のロードまたは再ロード」ダイアログボックス】


線種ファイルの単位系について

なお、単位と精度の解説でも触れましたが、線種ファイルにも
メートル単位系とインチ/フィート単位系の二種類の線種ファイルがあります。


線種のロードまたは再ロード」ダイアログボックス上段の「ファイル」ボタンを
クリックすることで「線種ファイルを選択」ダイアログボックスが表示されます。

既定で選択されている「acadltiso.lin」はメートル単位系の線種ファイルです。
もう一つの「acadlt.lin」はインチ/フィート単位系の線種ファイルです。


【「線種ファイルを選択」ダイアログボックス】


上記の操作により様々な線種を使用することができるようになります。


図面オブジェクトの線種を変更・設定する方法

実際に図面オブジェクトの線種を変更・設定する場合、二種類の方法があります。

ひとつは、オブジェクトの画層の線種を設定する方法、
もう一つはオブジェクトそのものの線種を設定する方法です。


後々の変更などを考慮すると、オブジェクトごとに線種を設定する方法は、
あくまで例外的な設定とし、線種は画層ごとに設定した方が効率的です。


もう一方の画層の線種を設定する方法は、画層設定の解説で説明します。

オブジェクトごとに線種を設定する場合は、線種を変更したいオブジェクトを選択し、
ホーム」タブ→「プロパティ」の「線種コントロール」ドロップダウンリストか
ら変更したい線種を選択します。





>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる



AutoCADの解説本やマニュアルの一覧です。初心者さんなら、1冊は手元に置いておくと良いと思います。



初心者さんには「世界一やさしい超入門DVDビデオでマスターするAutoCAD」がオススメです。
(※ただし、ご自身でお使いのCADの対応バージョンにはご注意下さい)

初心者さんにオススメ

現在の最新バージョンはAutoCAD LT 2011です。(当サイトの説明は2009バージョンです) 製品の体験版ダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ