コマンドアイコンによるコマンドの実行



>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる


コマンドアイコンによるコマンドの実行

AutoCADの操作はコマンドを実行することから始まります。


コマンドを実行する方法は、主に下記の二種類に分けられます。

  • マウスクリックによるコマンドの選択・実行
  • キーボードを使用したコマンド入力によるコマンド実行

この二つの方法です。
今回は、マウスクリックによるコマンドの選択・実行について解説します。


マウスクリックによるコマンド実行は、
主にリボンで実行するコマンドのアイコンを選択し、クリックして実行します。

その他に、実行するコマンドのアイコンがクイックアクセスツールバーにある場合は、
そちらをクリックしてもコマンドが実行できますし、
メニューボタンからメニューを選択してコマンドを選択・実行することもできます。


直線を描く際のコマンド実行方法の事例

起動直後は何もコマンドが実行されていない状態、オブジェクト選択モードになっています。
ここで例えば、直線を描く際には「線分」コマンドを実行することになります。


先ほどのリボンを使用する場合には、まずリボンの「ホーム」タブをクリック
→「作成」パレットにある「線分」コマンドのアイコンをクリックで、
コマンドを実行することができます。

メニューを使用する場合は、メニューボタンをクリック
→プルダウンメニューの「作成」メニューをクリック
→右側に表示されるコマンドリストの「線分」コマンドをクリックで同様の作業ができます。


上記の説明については長くなりますので、今後の解説では、
リボンを使用する場合は『「ホーム」タブ→「作成」→「線分」』
メニューを使用する場合は『メニュー→「作成」→「線分」』と省略して説明していきます。


【リボンによるコマンド実行(「ホーム」タブ→「作成」→「線分」)】



【メニューによるコマンド実行(メニュー→「作成」→「線分」)】


ツールチップについて

先ほどの説明で、いずれの場合でも、コマンドアイコンにマウスポインタを移動させ、
クリックせずにそのまま暫くすると、ツールチップと呼ばれるコマンドの説明が表示されます。

このツールチップによって、マウスポインタのあるアイコンが
どのようなコマンドであるのかがわかります。


このツールチップには、基本ツールチップ拡張ツールチップがあり、
初めに表示されるのは基本ツールチップです。

さらにそのままポインタを外さずにいると、基本ツールチップが広がり、
より詳細な説明が図入りで記載された拡張ツールチップが表示されます。


【基本ツールチップ(「複写」コマンドの例)】



【拡張ツールチップ】


これらのツールチップはアイコン選択に慣れない間は便利な機能ですが、
アイコン選択に慣れてしまうと、邪魔に感じる場合もあります。

ツールチップの表示の有無や拡張ツールチップの表示までの時間は、
オプション(optionsまたはop)」コマンド(メニュー→「ツール」→「オプション」)の
表示」タブで設定の変更が可能です。


【オプションダイアログボックスの「表示」タブ】


コマンドの解除について

アイコンをクリックすることで、コマンドの実行状態になりますが、
コマンドによる作業が終了した時や別のコマンドを実行する場合など、
現在のコマンドを解除したい時があります。

その場合は、キーボードのEscキーを押すと、
実行していたコマンドがキャンセルされて、オブジェクト選択モードに戻ります。


また、次に実行したい別のコマンドアイコンをクリックすることでも、
前のコマンドがキャンセルされて次のコマンドが実行されます。


キーボードを使用したコマンド入力によるコマンド実行の方法については、次回で説明します。





>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる



AutoCADの解説本やマニュアルの一覧です。初心者さんなら、1冊は手元に置いておくと良いと思います。



初心者さんには「世界一やさしい超入門DVDビデオでマスターするAutoCAD」がオススメです。
(※ただし、ご自身でお使いのCADの対応バージョンにはご注意下さい)

初心者さんにオススメ

現在の最新バージョンはAutoCAD LT 2011です。(当サイトの説明は2009バージョンです) 製品の体験版ダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ