印刷



>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる


印刷

図面の印刷は「印刷(plotまたはCtrl+P)」コマンドで行ないます。

クイックアクセスツールバー、または、「出力」タブ→「印刷」→「印刷
または、メニュー→「ファイル」→「印刷

印刷」コマンドを実行すると「印刷-モデル」ダイアログボックスが表示されます。
ここで、印刷図面のサイズや縮尺を決定します。


【「印刷-モデル」ダイアログボックス】


では、各部の説明をしていきます。


印刷ダイアログ各部の説明

まず、「プリンタ/プロッタ」欄ではドロップダウンメニューから出力する印刷デバイスを選択します。

なお、ここで「DWG To PDF.pc3」,「PublishToWeb JPG.pc3」,「PublishToWeb PNG.pc3」を選択すると、それぞれPDFファイル,JPGファイル,PNGファイルなどの画像ファイルとして出力することができます。


印刷領域」欄では図面ファイルの中で印刷する範囲を指定することができます。

たとえば、図面ファイルの中で図面枠を描きこんである場合などは、
印刷対象」ドロップダウンメニューの中から「」を選択し、
メニュー右側に表示される「」ボタンをクリックします。

すると、作図領域内での範囲指定ができますので、ここで描きこんである
図面枠に合わせて範囲指定をすることで印刷範囲の指定をすることができます。


印刷尺度」欄では印刷図面の縮尺を設定します。
用紙にフィット」欄のチェックが外れている状態であれば任意に縮尺の設定が可能です。

主要な縮尺は「尺度」ドロップダウンメニューに登録されていますが、
登録されていない縮尺でも「長さの単位」欄に数値入力することで縮尺を設定できます。


もし用紙サイズと印刷範囲だけが決まっている場合、それらを設定した後、「印刷尺度」欄の
用紙にフィット」にチェックを入れると、設定した印刷範囲が、設定した用紙に
ちょうど収まるような縮尺に自動的に設定され、「長さの単位」欄に薄く表示されます。

ただし、この時の縮尺はいわゆるノンスケールになっていますので、
それでは都合が悪い場合には再度「用紙にフィット」のチェックをはずして、
長さの単位」欄の数値を近い数値に設定しなおすことで縮尺の設定が簡単に行えます。


上記の方法で設定した印刷イメージを、実際に出力する前に確認するには、
ダイアログ左下の「プレビュー」ボタンをクリックして、
表示されるプレビュー画面でイメージの確認をします。

問題なければプレビュー画面から直接印刷ができます。


設定に変更を加える場合は、プレビュー画面の
閉じる」ボタンのクリックで直前のダイアログボックス表示に戻ることができます。

このようにして設定した印刷の設定は「ページ設定」として、
任意の名前を付けて記憶させておくことができます。

記憶させた印刷設定は「ページ設定」のプルダウンメニューから
呼び出して選択することができます。


印刷スタイルテーブルについて

なお、詳しくは「印刷スタイル」の解説記事で説明しますが、
印刷の際に「印刷スタイルテーブル」を使用して線の太さや色などを設定することができます。


これは、「印刷-モデル」ダイアログボックスでこの設定を行なうことができます。

ダイアログボックス右下にある「オプションを表示」ボタンをクリックすると、
ダイアログボックス右側にオプション領域が拡張表示されます。


【「印刷-モデル」ダイアログボックスのオプション領域】


このオプション領域で印刷スタイルテーブルが設定できます。





>>AutoCADが学べる講座・スクールを探してみる



AutoCADの解説本やマニュアルの一覧です。初心者さんなら、1冊は手元に置いておくと良いと思います。



初心者さんには「世界一やさしい超入門DVDビデオでマスターするAutoCAD」がオススメです。
(※ただし、ご自身でお使いのCADの対応バージョンにはご注意下さい)

初心者さんにオススメ

現在の最新バージョンはAutoCAD LT 2011です。(当サイトの説明は2009バージョンです) 製品の体験版ダウンロードは、下記よりできます。

>>体験版downloadページへ

購入前に練習をしたい方、チュートリアルで学びたい方などは、まずは体験版を利用されてみてはいかがですか。

サブコンテンツ

サイトマップ